「DRESKIN」日本での販売を開始
美容大国韓国のコスメブランド「DRESKIN」が日本初上陸。株式会社アースリボーンが韓国の化粧品メーカー「モメイコスメ」と提携し、2019年7月18日(木)より「DRESKIN」のアイテムを販売開始する。

有名メイクアップアーティストが創設
「DRESKIN」というブランド名は、着替えるの”DRESS”と肌の”SKIN”を組み合わせたもの。”服を着替えるように肌を着飾る”というブランドコンセプトのもと命名された。

ブランドの創設者は、韓国の人気メイクアップアーティストBang Hoon(バンフン)氏。韓国のテレビ番組「Get it Beauty(ゲットイットビューティー)」に出演し、人気に火が付いた人物だ。

プロのメイクアップアーティストとしての20年間の実績をもとに、誰でも手軽にプロ仕様のメイクを楽しめるコスメアイテムで、ファンを魅了している。

多機能コスメでポーチを軽く
「DRESKIN」では、”女性のポーチを軽くする”多機能アイテムを展開している。

アイライナー、アイシャドウ、アイブロウを1本にまとめた「3in1 Multi Eye Pencil」や、アイシャドウとアンデーションがセットになった「Satin Shadow & Fixer」など、これまでありそうでなかったお役立ちアイテムが話題を集めている。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※株式会社アースリボーンのプレスリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/187566

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「服を着替えるように肌を着飾る!韓国コスメブランド「DRESKIN」日本初上陸