若返りのビタミンが豊富なアーモンド
アーモンドミルク研究会では、今年の秋冬の「肌トラブル」の傾向と美容ケアのポイント・おすすめレシピを公開した。アーモンドミルク研究会は、アーモンドミルクの魅力や栄養素について、ウェブサイトなどを通じて情報提供を行っている。

アーモンドミルクは、植物性飲料であり、その原料はアーモンドと水である。アーモンドは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などが豊富で「天然のサプリメント」とも呼ばれている。美容と健康をサポートするアーモンドは、そのまま食べるよりも、細かく砕いてアーモンドミルクとして摂取したほうが吸収率が高くなるという。

ビタミンEを摂取して肌を元気に
猛今年の夏は、猛暑だったため、冷房の効いた室内に長時間いることが増えて、体が冷えて血流不全になっている場合がある。体の血行が悪くなると、肌のターンオーバーが乱れて、古い角質が溜まることで、くすんだり、ごわついたりする。また、ニキビや吹き出物ができるほか、メラニン色素が沈着しやすくなって、シミができやすい状態になる。

血行を改善するためには、入浴・運動・マッサージなどで血流をスムーズにして、肌のバリア機能を上げることが重要である。ビタミンEなど血流促進効果のある食品を摂取することも有効である。ビタミンEは、肌の老化を防ぐ抗酸化と抗糖化の働きがあり、冷えや乾燥が気になるこれからのシーズンに摂取したい栄養素である。

アーモンドミルクには、ビタミンEが豊富に含まれている。アーモンドミルク研究会のウェブサイトでは、冷えや乾燥対策に役立つアーモンドミルクメニュー『鶏ハムのパワーサラダ アーモンドミルクドレッシング』や『アーモンドミルクしるこ』などを紹介している。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※プレスリリース アーモンドミルク研究会
https://www.atpress.ne.jp/news/167257

※アーモンドミルクレシピ 
http://almondm-labo.jp/recipe/index.php

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「秋の肌トラブルには「血行改善」で早めの対策を