山椒が香る新感覚進化系スープ
大阪北新地で焼き鳥・手羽先・鶏鍋など鶏を専門とした創作料理を提供している“株式会社やるねん”が展開する「北新地鳥屋」。

この度、山椒が爽やかに香る新感覚進化系スープが特長の鍋「しびれ麻婆鍋」を、2018年10月16日(火)から関西4店舗で提供し始める。

舌先がしびれる「しびれ麻婆鍋」
“山椒が香る爽やかなスープ”という特長の裏には、「舌に刺さるようなしびれ・辛みのスープ」という裏の顔を合わせ持つ「しびれ麻婆鍋」。

ベースとなっているのは、北新地鳥屋で人気を誇るコラーゲン鶏白湯鍋「鶏屋鍋」。コラーゲンがたっぷり入っていながらも「しびれ」るような濃厚さと辛みを実現させた「しびれ麻婆鍋」は、新陳代謝を促すことで美容効果も期待できるという。

辛いものがブームになってからしばらく経つが、未だにブームは健在。というよりも今では、女性の間で「辛い」というのは当たり前のキーワードとなりつつある。

山椒の爽やかな風味が、辛みだけではなく食欲をそそる一品。鍋のトッピングは水餃子や豚バラ、野菜など20種類も用意されているという。

シメはラーメンがおすすめ。鍋のトッピングで入れた具材の旨みがギュッと詰まったスープに麺を入れれば、担担麺風のラーメンを楽しむことができる。

一鍋で何役もこなす美容や健康に良い鍋、と聞けば、試してみる以外ないかもしれない。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※株式会社やるねん 公式サイト
https://www.yarunen.com/

※株式会社やるねん プレスリリース(@Press)
https://www.atpress.ne.jp/news/167496

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「コラーゲンたっぷりのしびれる新感覚進化系スープ「しびれ麻婆鍋」