ロカボフードをレトルトで
イオンは9月18日、プライベートブランドとしては日本初となる低糖質レトルト商品「トップバリュ 低糖質レトルトシリーズ」を発売する。

糖質を抑えたパンやデザート、冷凍食品など、「糖質が気になる」という消費者のニーズに応えた商品を、約70品目展開してきたイオン。

このたび発表された「トップバリュ 低糖質レトルトシリーズ」からは、糖質を抑えるだけでなく高たんぱく質・低塩分にもこだわった、レトルトタイプの商品5品目を発売する。

大豆肉で栄養とおいしさをかさ増し!
こだわりは、大豆と肉を合わせた“大豆肉”。これによって豊富なたんぱく質を実現しながら、より肉に近く満足感の高い食感を楽しめるようになっている。

ラインナップは、5種の野菜と鶏肉、豚肉のミンチが入った「中華丼」をはじめ、「大豆からつくったすきやき風」「2種の豆とチキンカレー」「キーマカレー」「親子丼」の5品目。

簡単に調理できるレトルトタイプで、1パック98円(税別)という手頃な価格も魅力的だ。

糖質を抑えたメニューをより手軽に取り入れられることで、ロカボライフを無理なく続けられるようになるだろう。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※プレスリリース
http://www.aeon.info/news/2018_1/pdf/180914R_3.pdf

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「イオン、「低糖質レトルトシリーズ」5品目を新発売