医薬部外品としてパワーアップしたボディミルク
株式会社ハーバー研究所は、乾燥肌向けの全身用美容液「薬用うるおいセラミドミルク」を数量限定で発売する。

発売は、2018年9月21日(金)だ。内容量は200ml、価格は税込み2,376円。

暖房や湿度の低下などで、肌が乾燥しやすい冬の季節。肌のバリア機能が低下して、肌荒れやかゆみなどの肌トラブルを抱えやすい。

同製品は、同社が限定で発売していた「ドライスキン セラミドミルク」を改良し、医薬部外品としてパワーアップしたボディミルクだ。

ガサガサ乾燥・粉ふき肌荒れ対策
同製品には、肌の水分をキープするための成分ヒト型セラミド、また乾燥・肌荒れから守るトレハロース、天然皮膜形成成分や保湿成分などをたっぷり配合。

角質層のすみずみまで成分を浸透させて、保水力をサポート。この高い保湿効果で、ガサガサ乾燥や粉ふきによる肌荒れなどのダメージをしっかりとケアし、しっとりなめらか肌に導いてくれる。

同製品は、ミルクののびがよく、肌にすーっとなじんでいき、使用後の肌のべたつきは気にならない。

さらに継続して使うことで、乾燥や刺激に負けない強い肌に導いていく。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※株式会社ハーバー研究所のプレスリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/165578

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「冬の乾燥肌をケアする医薬部外品ボディ美容液が誕生