参天製薬株式会社は、1日の瞳の疲れを癒す夜のアイケアにもお薦めの一般用点眼薬「サンテ ボーティエ ムーンケア」を、2018年9月10日(月)より全国の薬局・薬店にて発売開始。
また同製品の発売にあたり、20~40代の働く女性500名を対象とした「瞳のケア」に関する意識・実態調査を行った。

「瞳」はいつも“すっぴん状態”!自己評価はわずか48点
はじめに、「顔の印象を決めると思うパーツ」を聞いたところ、97%と大多数の女性が「目」と回答し、「口」(70%)、「眉」(68%)、「鼻」(64%)などを大きく上回った。ほぼ全ての女性が、顔の印象を決める上で、目は特に重要なパーツと考えているようだ。
それでは女性たちは、自身の目にどれくらいの自信を持っているのだろうか。
何もしていない状態の目=「すっぴん瞳」について自己評価をしてもらったところ、女性たちの平均は100点満点中わずか「48点」という結果になった。

気になる目の状態TOP3は「潤い不足」「目力ダウン」「充血」
気になったことがある「すっぴん瞳」の状態について聞くと、「乾燥による潤いのなさ」(84%)、「疲れによる目力のなさ」(81%)、「充血」(77%)がトップ3に。具体的な声としては、「1日の半分以上がパソコン作業のため乾燥や充血が気になる」(27歳)、「仕事で目を酷使しているので、いつも輝きがなく、よどんでいるように感じる」(30歳)、「退勤前に鏡を見ると、白目が黄ばんでいるように感じるときがある」(26歳)などの回答があがった。
そこで、「魅力的だと思う目の状態」について聞くと、「にごりがなくイキイキしている」(26歳)、「透明感があって適度にうるんだ目」(27歳)、「白く充血のない目」(25歳)などの回答が目立った。疲れ目や充血などのトラブルがなく、健康的で輝いていることが魅力的な目の重要なポイントであると言えそうだ。

「サンテ ボーティエ ムーンケア」新発売!健康的で輝く「すっぴん瞳」に
同調査ではアイケアをしている女性たちの、具体的な夜のアイケア方法として「目薬をさす」(65%)がトップとなっており、充血や目の疲れの改善など「すっぴん瞳」に直接効果がある目薬が人気であることが分かっている。
参天製薬では、1日の瞳の疲れを癒す夜のアイケアにもお薦めの目薬「サンテ ボーティエ ムーンケア」を、2018年9月10日(月)より新発売。瞳の代謝(ターンオーバー)を促進し、1日酷使した瞳のメイクではごまかせない疲れをケアすることで、健康的で輝く瞳を手に入れるサポートをしてくれる。

すっぴん瞳に自信を取り戻すためにも、ぜひ夜のアイケアに「サンテ ボーティエ ムーンケア」を取り入れてみてほしい。


情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「女性の「すっぴん瞳」に危険信号!?アイケアをしている人はたったの2割台