「タピオカ」と「日本のいいもの」のコラボ店舗が浅草にオープン
2018年11月25日(日)、浅草にグランドオープンする「BOBA365浅草店」。Be aliveが運営するこの店舗は「タピオカと日本のいいもの」にこだわったテイクアウト専門のお店だ。

グランドオープンを記念し、11月25日(日)~11月27日(火)の2日間にわたりプレオープンキャンペーンを開催。「BOBA365」のSNSをフォローし、関連キーワードをタグ付けした先着100名に、ドリンク一杯がプレゼントされる。

こだわりぬいた素材と商品
BOBA365では、とにかくこだわった商品を展開。時間をかけてじっくり煮込み、自家製のシロップに漬け込んだタピオカは、無添加の国産もの。

抹茶ラテもこだわりの一品。静岡産の抹茶はほろ苦さがウリだが、最大限美味しく飲めるまで濃く配合した抹茶と、ミルクと甘味の絶妙なハーモニーが、訪れた客をうならせる。

玉露は、農林水産大臣賞を受賞した京都宇治。気象や土壌に恵まれた土地で栽培された玉兎は、甘みと独特な香りが特長。

さらにレモネードは瀬戸内産。まさに「日本のいいもの」にこだわりぬいた商品となっている。

すべてタピオカとのコラボレーションのメニューの一例は、抹茶ラテ、京都宇治玉露、瀬戸内レモネード、ミルクティー、コーヒー、ミルクコーヒー、黒糖ラテなど。

良い素材を用いたドリンクは、美容にも良い。女性に嬉しいメニューが並ぶ同店を、一度利用してみてはいかがだろうか。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※BOBA365 浅草店 プレスリリース(@Press)
https://www.atpress.ne.jp/news/171323

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「「日本のいいもの」にこだわったテイクアウト専門店オープン