乾燥が猛威を振るうこの時期、お肌の状態はいかがでしょうか? カサつきや赤みなど、乾燥によって敏感肌が悪化している人も少なくないかもしれません。

そんなお悩みをお持ちの方におすすめしたいメイクアイテムが、ズバリ、BBクリーム! カバー力があるため肌に刺激を与えそうなイメージもあるBBクリームですが、実は敏感肌の人にとてもおすすめなアイテムなんです。

この記事ではその理由や、選び方などを詳しく解説していきます。それでは、早速いってみましょう♪

 
BBクリームとは?


そもそも、BBクリームとはどんなアイテムなのでしょうか。

BBクリームの「BB」とはドイツ語の「Blemish Balm(ブレミッシュバルム)」の略で、「傷を修復する軟膏」という意味。BBクリームは韓国発祥と思われがちですが、1番最初に作ったと言われているのは実はドイツ。ドイツの皮膚科クリニックがピーリング施術後のデリケートな肌を保護する目的で作ったのが最初だと言われているそうです。

もともとはメイクアップアイテムではない「肌を保護する目的で作られたクリーム」をBBクリームと呼んでいましたが、BBクリームの持つ保湿力や肌の再生機能などに注目が集まり、ファンデーションとしても使えるメイクアイテムへと発展を遂げたと言われています。このことからも、BBクリームがスキンケア発想のメイクアイテムだということがわかりますよね。

また、BBクリームの最大の特徴はそのカバー力。シミやシワなどお肌の悩みをしっかり綺麗にカバーしてくれます。

 
BBクリームとCCクリームの違いって?選び方のコツは?


BBクリームと同じく、昨今日本でも身近なベースメイクアイテムとなっているCCクリーム。同ブランドから両方が発売され、ドラッグストアの棚には隣り合わせで陳列されているなんてことも多いので、どちらが良いんだろう?と迷うこともあるかもしれません。

先ほど解説した通り、BBクリームのBBは「Blemish Balm」の略ですが、CCクリームのCCは「CareControl」の略。CCクリームは、その名の通り高いスキンケア効果を持ち肌色を補整しながら素肌を美しく見せるクリームという意味なんです。

BBとCC、どちらがどのような人に向いているのかはこんな感じ。

 
カバー力重視ならBBクリーム
肌悩みをコンシーラーのようにしっかりカバーしたい。フォーマル感のあるきちんとしたメイクをしたい場合、BBクリームがおすすめ。
すっぴん風を極めるならCCクリーム
BBクリームよりスキンケア効果があるものの、カバー力には劣るCCクリーム。保湿などスキンケア効果を得ながら、ワントーン明るいすっぴん風の肌に仕上げたい人におすすめです。

抜け感のあるナチュラル肌に仕上げることができます。
いいとこどりの合わせワザも
目の周り、頬の高い部分など、ふわっと明るく見せたい部分にはCCクリームを、クマやシミなどしっかりカバーしたい部分にはBBクリームを使うという合わせワザも◎

 
敏感肌の人にBBクリームがおすすめな理由とは?


お待たせしました!ここからが本題、敏感肌の人にBBクリームがおすすめなのはなぜか?

その理由は、こちらの3点。

 
オールインワンで肌への摩擦を軽減できるから
BBクリームは保湿、化粧下地、UV効果、ファンデーション、コンシーラーといくつもの役割があるオールインワンタイプが主流です。ひと塗りするだけでベースメイクが完成し、いくつもアイテムを重ねる必要がなく、重ねる上で肌に起きる摩擦の負担がなくなります。

気をつけているつもりでも、肌の触りすぎがトラブルにつながっている場合もあるので注意が必要です!

 
スキンケア発想のメイクアイテムだから
美容成分の含有量が高いものが多いため、保湿などスキンケア効果が期待できます。

敏感肌になっていても、毎日ノーメイクで過ごす訳にはいかない大人の女性にとって、崩れにくく、美容成分が含まれるメイクアイテムは強い味方と言えます。

 
高いカバー力で肌荒れをなかったことにできる!?かも
「肌が荒れてるから誰にも会いたくない・・」「楽しいはずのメイクも決まらない・・」と言ったメンタルの落ち込みは美容の大敵。BBクリームの高いカバー力で肌悩みをしっかりカバーして、視覚的に落ち込む要因を無くしちゃいましょう!

肌の状態が安定してきたらCCクリームに切り替えたり、塗る場所を全体からポイントに移行するのも良いですね。

もちろん、敏感肌ケアには適切なスキンケアや生活習慣の改善が必要不可欠ですが、メイクアイテム選びでケアにつながるなら一石二鳥♪手軽に使えるBBクリームを是非取り入れてみて下さいね。

 
市販のBBクリームを選ぶとき注目したいポイント


BBクリームを選ぶときは、敏感肌の負担となるような成分に注意しましょう。具体的には、合成ポリマー、パラベン、香料、香料、合成界面活性剤などの成分。

また、UV効果のあるものは、紫外線吸収剤ではなく紫外線散乱剤を使ったものを選ぶと良いでしょう。

乾燥肌の人はセラミドなど保湿成分入りのもの、オイリー肌の人はオイルフリーのもの、混合肌の人は、テクスチャーが柔らかいものと固いものを部分によって使い分けるなど、肌タイプにあったものを選びましょう。

自分にあったメイクアイテムを選んでいくのは少し根気の要る作業ですが、コツコツ積み上げていけば、きっと美肌を手に入れられるはず!

 
敏感肌の人向け BBクリームの塗り方


もともと崩れにくいBBクリームですが、テクスチャーによってヨレてしまうことも。それを防ぐためにおすすめしたいのが、スポンジでしっかりと叩き込む方法。ピタッと肌に密着させることにより毛穴が埋まり肌表面を滑らかに見せてくれると同時に、化粧崩れを防ぎます。

でも、敏感肌の人は肌への刺激が心配ですよね。そんなときは、塗る場所によってツールを使い分けてみて。

まず、BBクリームを額、両頬、鼻、顎下に置き、優しく指で叩くように塗っていきます。中指より力が入りづらい薬指などを使って優しくポンポンとなじませていくのがポイント。

均一に伸ばしたら、小鼻や口周りなど崩れやすい部分を上からスポンジで軽く叩き、よりなじませます。最後にパウダーを重ねるとより密着して◎。その際、BBクリームのせっかくのツヤ感を損なわないように目の横や頬は避け、崩れやすい部分だけにサッと重ねるようにしましょう。

 
プチプラから敏感肌用ブランドまで おすすめBBクリーム3選
【キュレル BBクリーム】

amazon


敏感肌向けのBBクリーム。セラミドの働きを補って乾燥を防いでくれます。

厚塗りにならない自然な仕上がりを叶えるサラッとしたテクスチャーが魅力。自然な肌色と明るい肌色の2色展開。

 
【ドクターシーラボ BBパーフェクトクリーム エンリッチリフト】

amazon


BBクリームのパイオニア的存在、ドクターシーラボのエイジングケアできるBBクリーム。

シェーディングやハイライトの機能までついた驚きの多機能さ。ウォータープルーフなのも嬉しい。

 
【ラロッシュポゼ UVイデア XL プロテクションBB】

amazon


アジア人の敏感肌を考えて開発された敏感肌向けのBBクリーム。紫外線の約75%を占めるロングUVAをしっかりブロックし、肌へのダメージから守ってくれます。

洗顔のみでオフできるので、肌への負担軽減にも。透明感のでるライトと、イエローベースの人におすすめなナチュラルの2色展開。

 

手軽にチャレンジできるBBクリーム。是非アイテム選びの参考にしてみて下さいね。

情報提供元:ANGIE
記事名:「乾燥の季節も優しくカバー♡敏感肌こそBBクリームを使うべき理由