毎日仕事でお疲れ気味のみなさん! 女子旅でリフレッシュしませんか?

日本全国、ショートステイでも十分楽しめる旅行先がたくさんあります。そのひとつが、今回ご紹介する北九州市の若松エリア

女子旅が待ち遠しくなりそうな、若松エリアの観光スポットやグルメ情報をお届けします。それでは早速、行くばい(レッツ・ゴー)!

 
日本初の長大吊り橋「若戸大橋」


北九州市の中央部、戸畑区と若松区を結ぶ、1962年開通の赤い「若戸大橋」。その当時の日本の最新技術を結集して作られた日本初の長大吊り橋で、当地のシンボル的存在として親しまれています。

高度な建築技術は、のちのレインボーブリッジや明石海峡大橋のお手本になったとか!

 



ダイナミックな若戸大橋を間近で見るには、ぜひ渡船場へ。

同じ場所から出航する「若戸渡船」で、3分間のミニクルージングを楽しむのもステキ。片道なんと100円という安さです。

 
ランチはボリューム満点「八幡のチャンポン」


若松から車で約20分ほどの所にある、北九州市八幡(やはた)エリアでチャンポンをいただきましょう。

JR八幡駅からほど近い場所にある「八幡のチャンポン」の名物は、野菜たっぷりのチャンポンの上に、なんとチキンカツをのせたボリュームたっぷりの逸品です。

 



溶き卵入りの鶏ガラスープをほどよく吸ったチキンカツは、驚くほどジューシー! 

さて、なぜチャンポンにチキンカツなの? と思った人もいることでしょう。「八幡のチャンポン」ではスープを鶏ガラでとっているので、残った鶏肉をカツにしてのせたのが始まりだとか。

名物のチャンポンを、ぜひお試しあれ!

 
ナイターも素敵!ボートレース観戦


2016年にリニューアル後、よりスタイリッシュな競艇場へと生まれ変わった「ボートレース若松」。東側1階席はカラフルな6色シート、東側2階席は星空をイメージしたスペースになっています。

地元グルメが堪能できるフードコート、リラックススペース、女性のためのリラックススペースやレディースコーナーなども充実。

 



随時イベントなども開催されているので、ボートレース観戦プラスαの楽しみ方ができると人気!

日中はもちろん、より幻想的な雰囲気が楽しめるナイターレースもおすすめです。

 
皿倉山で100億ドルの夜景に酔いしれる


ケーブルカーとスロープカーに乗って、標高622mの「皿倉山(さらくらやま)」へ。

皿倉山の夜景は新日本三大夜景のひとつにも挙げられており、極上のパノラマビューを望む絶景スポットです。

 



頂上へ向かう途中の山上駅には「皿倉山ケーブルカー神社」が、山頂にはハート型モニュメントや天空ドームがある皿倉山。

実は、恋人の聖地としても有名なんです! 

 

エステに温泉、スイーツなどが中心になりがちな女子旅ですが、今回のようにアクティブな旅も楽しいですよ! 次回の女子旅は、北九州市も候補に入れてみませんか?

 

取材協力:BOAT RACE振興会「BOAT RACE LOUNGE」



情報提供元:ANGIE
記事名:「ドキドキもワクワクも美味しいグルメも♡夏の女子旅は北九州がイチオシ!