1dbd93b022cb0443

パン店やスーパーに種類豊富に並ぶパンの中でも、熱狂的なファンの多いカレーパン。そんなカレーパンを愛する人たちが立ち上げた「日本カレーパン協会」をご存知ですか。名品を多く知る同協会が開催した「カレーパングランプリ」にて、最高金賞に輝いた名店の商品を紹介します。

※記事中の価格は全て税込です

「日本カレーパン協会」とは

A8f79e2932f2531d
カレーパン協会公式WEBサイトのトップページ画像

カレーパンを愛するメンバーたちで2013年4月に設立された日本カレーパン協会。事務局の石井悠久子さんに活動の目的を聞くと、同協会のキャッチフレーズは「カレーパンで地球、全員、笑顔」とのこと。

「製パン店が切磋琢磨し、技術の粋を集めて作り上げるカレーパンは、日本が誇るべき食べ物。それらの違いを感じる機会がないなんてもったいないにもほどがある! ということで、この日本カレーパン協会を立ち上げました」。

B8666967e969524e

会長を務めるのは、本業は行政書士をしているという佐藤絵里氏。1年365日毎日カレーパンを食べるという筋金入りのカレーパンマニアで、今まで食したカレーパンは5,000個以上にものぼるそう。カレーパンのすばらしさを訴求したいと、自身のブログでも様々なカレーパンを日々紹介しています。

2016年より「カレーパングランプリ」を開催

日本カレーパン協会では、2016年より1年に1度「カレーパングランプリ」を開催。カレーパンのことを、数多くある"惣菜パン"の1つと考える人が多いのですが、もっとカレーパンが注目されれば……との思いから開催を決めたといいます。パンの歯触りや食感、カレーフィリングの味や粘度、具材のバランス……おいしさを構成する要素がたくさんあるカレーパン。その多様さやそれぞれの特徴を知ってもらうことで、カレーパンの地位向上を目指して実施されています。

2018年の開催はすでに終了しており、「東日本揚げカレーパン部門」「西日本焼きカレーパン部門」など合計6部門で投票が行われました。実施方法はノミネートされたカレーパンにインターネットで投票するという方式。最も投票数の多い=支持者の多いカレーパンが、最高金賞に選ばれます。

2018年カレーパングランプリ--各部門の最高金賞紹介

気になる2018年の受賞カレーパンを、各部門ごとに紹介します。なお各写真の左上についているマークは、受賞年(2018年以前の同グランプリでの受賞歴含む)と賞の種類を表すものとなります。

東日本揚げカレーパン部門 高久製パン「弦斎カレーパン」

E4fa78e5bde81027

神奈川県平塚市の湘南エリアに店舗を構える「高久製パン」。名物「弦斎カレーパン」は、なんと中にカレーライスのおともの福神漬けが入っています。カレーフィリングは和風味。価格は230円。

東日本焼きカレーパン部門 サンジェルマン「たっぷりビーフの焼きカレー」

B5a001d6e229858d

1都3県を中心に店舗を展開する「サンジェルマン」の人気カレーパン。「たっぷりビーフの焼きカレー」は、その名の通りたっぷりの牛肉入りです。20種類以上のスパイスを使用した香り豊かな焼きカレーパンで、クセになる味。価格は238円。

西日本揚げカレーパン部門 ベーカリーピカソ「牛肉ゴロゴロカレーパン」

8e02da64f0eea398

愛知県名古屋市に本店をおく「ベーカリーピカソ」の「牛肉ゴロゴロカレーパン」。牛肉を2cm角の大きさにカットして作る豪快なカレーにファンが多いといいます。たっぷりの野菜を4時間かけて煮込んで作られたカレーは、できあがった後に一晩寝かせてから使用。ルーは10種類の香辛料をブレンドして作られ、こだわりの一品です。価格は194円。

西日本焼きカレーパン部門 ゆういちのパン屋Mush「尾道砂ずりコリコリカレーぱん」

2867ce3c18d9a8c0

観光地としても人気の高い広島県尾道市にある「ゆういちのパン屋Mush」。同店が販売する「尾道砂ずりコリコリカレーぱん」は、自家製のパン粉がポイント。外はカリカリ、中はモチモチ食感のパンに、ご当地グルメの"尾道焼"にも使用される砂ずり(砂肝)が合わせられ、コリコリ感が見事にマッチ。価格は220円。

チーズカレーパン部門 キタキツネのしっぽ「北海道十勝モッツァレラチーズカレーパン」

57647bf57e530a54

北海道札幌市に店舗を構える「キタキツネのしっぽ」が、北海道の素材にこだわって作った「北海道十勝モッツァレラチーズカレーパン」。外はカリッ、中はトロ~リの食感が自慢のカレーパンです。カレーと北海道・十勝産のモッツァレラチーズとの相性は言うまでもなく最高。価格は324円。

Q・B・B賞 手づくりパンとケーキのお店パリジェンヌ「Q・B・B まるごとチーズのせキーマカレーデニッシュ」

神奈川県にある「パリジェンヌ」の「Q・B・B まるごとチーズのせキーマカレーデニッシュ」。「Q・B・B賞」とは、六甲バター株式会社が販売するベビーチーズ「Q・B・B」の業務用商品を使用して作ったカレーパンがエントリーできる賞。金賞に輝いた同パンは、数種類のスパイスをきかせたキーマカレーを使用。Q・B・Bチーズスティックを贅沢に丸ごと1本のせ、アスパラとパイナップルをそえるというユニークな内容と見た目です。価格は270円。

気になるカレーパンはありましたか。家の近くに該当の製パン店がない場合も、商品によっては取り寄せが可能なものもあるので、ぜひ探してみてください。カレーパンの魅力を再発見してみてくださいね。

07e61db7c0f51120

キーマカレー部門 代官山シェ・リュイ「キーマカレーキューブ」

最後は東京都代官山エリアの人気パティスリー&ブーランジェリー「代官山シェ・リュイ」(写真なし)。こちらの人気商品である「キーマカレーキューブ」は、ピリ辛のキーマカレーを使用しています。ポーチドエッグを忍ばせたところもポイント。四角い形をした珍しいカレーパンです。価格は302円。

情報提供元:トクバイニュース
記事名:「カレーパングランプリ受賞作公開! 日本カレーパン協会に聞くカレーパンの名店