413f4c8188bdd118

収入を増やすために在宅ワークや副業を始める人が増えています。そこで気になるのが確定申告。これって税金の対象になる収入になるのかな? と気になるものですね。どれくらいの収入があれば確定申告が必要なのでしょうか。ファイナンシャルプランナーがケース別に紹介します。

働き方によって収入38万円と20万円が分かれ道

在宅ワークのみの場合38万円超で必要

どこかに勤務して給料をもらわずに在宅ワークのみをしている場合は、収入が年間38万円を超えると確定申告が必要です(38万円ちょうどは含みません)。所得税を計算する上で、収入から引く「基礎控除」が本人で38万円であることがその理由。つまり、収入が38万円以下の場合、確定申告で基礎控除38万円を差し引くと税金の計算の基礎となる「課税所得」がゼロとなり、所得税は結局かからないことになるからです。

副業なら20万円超で必要

パートや会社員など給与所得のある(年末調整を受けている)場合は、年間20万を超える副収入があれば確定申告が必要です(国税庁HP「確定申告が必要な方」参照)。言い換えると、給与所得がある場合は副業で20万円ちょうどまでの収入があっても確定申告は必要ないことになります。確定申告をしたくない場合は、副収入が20万円を超えそうだったら注意が必要です。

ポイ活も「収入」になるケースあり

クレジットカードを作ってポイントを貯めたり、ポイントサイトを利用してポイントを得る「ポイ活」も、場合によっては「収入」になります。ポイントを受け取っただけで保有している場合は「収入」にはなりませんが、ポイントを現金化したり、ギフト券やEマネーなど現金のように利用できるものに変更すると「収入」(雑所得)とみなされます。なお、マイルや商品など現金以外に交換した場合は金額に換算するのが難しいため確定申告は不要と考えられますが、念のため申告する税務署に確認をしたほうがよいでしょう。

93a474857d4ee842
ブログのアフィリエイト収入も「雑所得」となるため、ポイ活など他の収入も合算した金額次第では確定申告が必要に

フリマアプリの売り上げは?

フリマアプリで不用品を売った収入は「譲渡所得」となり所得税の対象にはならないため、個人間の少額取引であれば確定申告が必要な「収入」にはなりません。ただし、ハンドメイドのアクセサリーを週に数個など定期的に販売しているような場合は、「事業」とみなされて確定申告が必要になることもあります。

確定申告のノウハウ

そもそも確定申告とは、1月から12月の「所得」(1年間の利益)を翌年2月15日から3月15日に「確定」して税務署に「申告」することです。フリーランスや不動産収入がある人が申告した所得に基づいた所得税を支払ったり、払いすぎた所得税を還付してもらったりします。サラリーマンなど給料をもらう人が医療費控除等で還付申告をしたり、副収入があると追加納税したりする場合もあります。副収入の売上(収入)からは、交通費や材料費などの諸経費を引いて所得を計算することができます。その副収入に関した諸経費の領収書は大事に保管しておきましょう。

2508e015fc61fe00

在宅ワークや副業による収入は、自分が給与収入があるのか在宅ワークのみなのかや、どのような収入かによっても申告が必要になる条件が異なります。せっかく稼いでも確定申告をしないと脱税になるのかしら……?と不安になる人は多いようです。自分はどれくらいまでの稼ぎなら申告不要か知っておくと安心ですね。かといって申告不要金額を超えてしまうからと副業をセーブするのは本末転倒。基準の収入を超える場合は、きっちり申告してがっちり稼ぎましょう! 

情報提供元:トクバイニュース
記事名:「在宅ワークの確定申告--ポイ活でも必要!? ボーダーラインは20万!!