841eeea9ad2535a3

仕事、子育て、家事と、1人何役もこなす忙しいママのお悩みの一つは、毎日の晩ごはんではないでしょうか。そこで今回は、「頑張らなくてもおいしいしいおうちごはん」レシピを3品をご紹介します。「ママ、あれ食べたーい」と子どもが言ってくれるくらい、何度作っても喜ばれる定番レシピになること間違いなしですよ。

レシピ(1)「ごまごまポークピカタ」

C96fb86d64f56383

材料(2人分)

F3708b3a12243921

豚ロース肉(薄切り) 6枚 / たまご 2個 / 白ごま・黒ごま 各大さじ1 / 塩 適量 / こしょう 適量 / 小麦粉 適量 / オリーブオイル 適量

作り方

7f053c1ac98d8140

1. 豚肉は脂身の部分に切れ目を入れ、筋切りもしておく。たまごと白ごま、黒ごまを混ぜ、たまご液を作る。豚肉には塩、こしょうをし、小麦粉を薄くまぶしておく。

D02e82e5963e01d0

2. フライパンにオリーブオイルを入れて弱めの中火にかける。1の豚肉は1枚ずつ1のたまご液にくぐらせてフライパンに並べ、1分ほど焼きいてたまご液が固まったら裏返し、もう1分焼く。

Dc3887b8a3b44193

豚肉のピカタは定番のメニューではありますが、今回は白ごまと黒ごまをたっぷりと加え、香ばしい風味に仕上がっています。たまごのおかげで豚肉がふっくらと仕上がるので、ピカタはおすすめのメニューです。

レシピ(2)「かんたんさば缶マヨドリア」

3f4148aa846045eb

材料(2人分)

Ae59b89c50b0bec6

さば味噌缶 1缶 / しめじ 1/2パック / ミニトマト 10個程度 / ご飯 軽く2膳分

マヨネーズ 大さじ2 / 塩コショウ 少々 / オリーブオイル 適量 / ピザ用チーズ 60g / 乾燥パセリ 適宜

作り方

6afca90c4a746bc2

1. さば缶としめじはそれぞれほぐしてボウルに入れる。ミニトマトは半分に切ってボウルに入れ、マヨネーズ、塩、こしょうと和える。

44c8be182c57f9a2

2. 耐熱容器にオリーブオイルを塗り、ご飯を敷きつめる。

B2106b41829d60c9

3.2に1をかける。チーズをのせ、オーブントースターで10分ほど焼き色がつくまで焼く。仕上げに乾燥パセリをふりかける。

B543c08e0406975b

「魚料理のレパートリーが少なくて…」とお困りの人は少なくないのではないでしょうか。そんな人におすすめしたいのがさば缶レシピです。既に火が通っており、骨も気にならない柔らかさ。子どもが喜ぶ洋風メニューにも合うので、何かと重宝します。今回はマヨネーズで簡単味付けをしたさばマヨドリアをご紹介しました。ぜひお試しください。

レシピ(3)「豚バラプルコギ」

D0c215cd348ce95a

材料(2人分)

60307d99c83821c5

豚バラ肉 200gニラ 1/2束 / にんじん 1/2個 / 玉ねぎ 1/4個 / 炒め用ゴマ油 適量

A(オイスターソース 大さじ1/ しょうゆ 大さじ1 / 酒 大さじ1 / コチュジャン 大さじ1 / はちみつ 小さじ1 / 白すりゴマ 大さじ2 / にんにくチューブ 適量(お好みで)

作り方

0c030295fed86f7a

1. ジッパー付きの保存袋にAを全部入れて揉み混ぜておく。

Fa84e181ac4ec842

2. 豚バラ肉、ニラは食べやすい大きさに切ります。にんじんはせん切り、玉ねぎは薄切りに。

67bc0ec14d373450

3. 2を1に入れて揉み混ぜる。

2f52b13843497ec2

4.フライパンにゴマ油を中火で熱し、3を入れ炒める。豚バラ肉に火が通り、全体がなじんだら器に盛る。

146415f776b562b9

豚バラ肉の旨味とコチュジャンの甘辛さが絶妙! ごはんがどんどん進む一品です。合わせ調味料に、すべての食材を入れて混ぜれば一気に炒めるだけ。簡単おいしいレシピです。

おいしい「おうちごはん」は、時間をかければよいというものでもありません。手を抜けるところは抜いて、スピードメニューも上手に毎日の献立に盛り込みましょう。

情報提供元:トクバイニュース
記事名:「人気レシピブロガーのスピードレシピ3選