「インスタ映え」という表現が、メニューを評価する一つの基準として定着している。その結果、“見栄え”がメニューに要求されるようになり、デザイン性、ユニークさ、目新しさ、奇抜さ……などが競われる。しかし、そもそも料理で大事なのは、そういったことなのだろうか? 「バーボン」の「ハンバーグオリジナルライス」は、その問いに「NO」と言うメニューだ。

全文を読む