成城石井で販売されている『desica ホワイトチョコと苺のポルボローネ』をご存じでしょうか。

ポルボローネ、スペインの伝統菓子だそう。簡単に説明すればサクホロ食感の厚焼きクッキーですね。本品は苺の甘酸っぱさをほんのり活かした、上品で旨みしっかりな風味がポイント。小洒落た味わいなんです。

成城石井|desica ホワイトチョコと苺のポルボローネ|486円

成城石井のPB「desica」の焼菓子『ホワイトチョコと苺のポルボローネ』は486円(税込)。スペインの伝統菓子「ポルボローネ」シリーズのひとつですね。内容量は90g、カロリーは500kcal(脂質 29.7g、炭水化物 51.1g)。ひとつぶサイズのポルボローネが9個ほど入っているので、1個あたりの単価は54円、約56kcal。

まるっとした眼福系ルックス、粉糖のひんやりとした感覚、粒の細かなやさしいサクサク&ホロホロ食感、バターの旨み、ほんのりでも芯の強さを感じさせる苺の甘酸っぱさ、そんで苺ミルク的甘さの余韻……ひとくちひとくちじっくり味わって食べたい焼菓子です。

派手さはないけど確かな味わい。成城石井らしい商品ですよね。苺テイストは香料的な風味じゃなく、ナチュラルな味わい。「とちおとめ」の果汁入りパウダーを使っているそう。お値段的には毎日気軽に食べられるものでもないかと思いますが、ちょいリッチな欲しいときの候補にぜひ。なお、本品に限らず、ポルボローネのシリーズはだいたいおすすめですね〜。

情報提供元:ミトク
記事名:「成城石井のサクホロ菓子『ホワイトチョコと苺のポルボローネ』はほのかな甘酸っぱさがイイ