業務スーパーの冷凍食品で『炭火焼き 鶏肝しぐれ煮』という商品はご存知でしょうか。

鶏のレバーを甘辛いタレで煮付けた、オーソドックスな肉惣菜です。砂糖と醬油の味付けは濃厚すぎず、レバー特有の血の風味もかなり抑えられ、肝が苦手な人でもわりあい食べやすいバランス。シンプルすぎるきらいはあるものの、コスパ良好な簡単おかずとして悪くない一品ですよ。

業務スーパー|炭火焼き 鶏肝しぐれ煮|300円

業務スーパーの冷凍食品コーナーにて、300円(税込)で販売中。内容量は400gで、タレと一緒に凍った鶏肝がたっぷりと詰まっています。冷凍状態のままだとパッケージから取り出しづらく、記載された調理方法もレンジではなく湯せんオンリー。袋のまま熱湯に約5分ほど浸けて解凍すればOKです。

トロリと絡んだタレは砂糖醤油の優しい甘さで、ベタッとしない程よい濃さ。レバーはしっかり血抜きがされており、肝特有の旨味と苦味はそこそこに抑えられています。後味も生姜の香りで引き締まった印象。濃厚さを求めると今ひとつですが、さっぱりとつまみやすいバランスはこれはこれで嬉しい感じ。丼飯の手軽な具材としてはもちろん、適当な薬味を足しておつまみにも活用できる一品ですね。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 醬油ベースのタレと生姜汁でさっぱり寄りに煮付けた、鶏レバーのしぐれ煮
  • 血の風味と苦味を抑え、食感もしっとりふんわりした柔らかな口当たりで食べやすい
  • パンチを控えたバランスなのでおかず度はそこそこだけど、上品な仕上がりで好みを選ばないおいしさ
  • 手軽さを求めるなら本品、ボリュームとコスパを追求するなら『吉備高原どり 若鶏肝』(1kg・429円)などもおすすめ

情報提供元:ミトク
記事名:「業務スーパーの400g『炭火焼き 鶏肝しぐれ煮』は生姜が香る食べやすい肉おかず