はじめてキャンプに行ったのは、物心つく頃だった。

川沿いにテントやタープを張り、焚き火を用意して、シシカバブというそれまで食べたことのない食べ物を食べた。

日常を過ごす自分の町とはまったく違う、開放感に溢れた雰囲気に、子供らしく、ただただ心が踊りはしゃいでいたっけ。

そのころに見た、グラス片手に「ぷはー」と言いながらビールをおいしそうに飲む大人たちの姿は、目に焼き付いて離れない。


なんども行ったことのあるキャンプだけど、冬キャンプは未経験だった。

大人になった今体験する、はじめての冬キャンプ。

雪がこんこんと降る中に、うさぎの足跡らしきものが見える。

大人になるといろんなものが違って見えてくるけれど、冬のキャンプ場で温かい料理を作りながら飲む『ロングルートウィット』は、また新しい景色を私に届けてくれた。

そしてなにより、子供の頃に見た大人たちのあの幸せそうな顔に、自分もなっていることに気づいたのだった。



Illustration:natsuru(@NaTsuRuuuu
Text:山吹彩野


お気に入りのビールを壁紙にとじこめて



\壁紙にしてみて/

情報提供元:ビール女子
記事名:「いつもの日常に、わたしとビールと。〜あの頃見た大人に〜