2,000年もの歴史をもち、昔から多くの人に愛されてきた「お伊勢さん」こと伊勢神宮。 そんな伊勢神宮の参宮客をもてなした茶店からはじまり、現在も "伊勢から世界へ"の思いでビールを造り続けている「伊勢角屋麦酒」は、クラフトビール好きなら一度は耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

そんな伊勢角屋麦酒から大ニュース!  東京駅から徒歩5分の場所に、クラフトビール居酒屋「伊勢角屋麦酒 八重洲店」が2018年8月3日(金)にオープン決定! 伊勢から発信される伊勢角屋麦酒のビールはもちろんのこと、三重県から直送される食材まで、三重の魅力を全身で堪能できるお店とはどのようなものなのでしょうか?

ビールの種類はなんと12種類!

「伊勢角屋麦酒 八重洲店」で楽しめるビールは、なんと伊勢角屋麦酒のビール12種類! 代表的なビールメニューは、"伊勢ぺ"の愛称で親しまれている「ペールエール」、アルコール度数の高さを感じさせず飲みやすい「ねこにひき」、スパイシーな香りが特長の天然酵母が使われ優しい和の味わいを感じさせる「ヒメホワイト」など、どれも伊勢角屋麦酒を代表するビールが揃います。

本来であれば伊勢角屋麦酒のお膝元、伊勢神宮周辺にある直営店に行かないと飲むことができなかったビールも東京で飲めちゃうかもしれません。

東京駅で三重の魅力を堪能

さらに「伊勢角屋麦酒 八重洲店」で楽しめるのは、伊勢角屋麦酒のビールだけではありません!  ビールを造り始めるずっと前、100年前から「伊勢角屋」が伝統的な木樽で製造し続ける味噌や醤油を使った和食、三重県の生産者から直送で取り寄せられた食材を使った料理を楽しむことができます。

今回「伊勢角屋麦酒 八重洲店」をオープンするにあたって、伊勢角屋麦酒とタッグを組んだ株式会社アクアプランネットは三重県のアンテナショップ「三重テラス」も運営している会社であり、そのネットワークで東京でも三重の魅力を十二分に堪能することができちゃいます!
伊勢角屋麦酒の東京初の直営店! 東京駅から徒歩5分という好立地ということもあり、腰を据えて飲むのもさくっと飲むのにも良さそうです。なにより、世界の伊勢角屋麦酒がいつでも樽生で飲める、これは今から期待が高まります!

伊勢角屋麦酒 八重洲店

〇場所:東京都中央区八重洲1-4-16 東京建物八重洲ビルB1F 〇営業時間:平日 11:30〜15:00 17:30〜23:30/土曜 17:00〜23:00 〇定休日:日曜・祝日 〇TEL:03-3281-2300

三重に行ったらココに行け! 県内最多のタップ数を誇るビアバーがオープン

情報提供元:ビール女子
記事名:「東京駅から徒歩5分! 伊勢角屋麦酒の「クラフトビール居酒屋」が八重洲にオープン