突然ですが、「三重県」といえば何を思い浮かべますか? "お伊勢さん"として2000年もの歴史をもつ「伊勢神宮」? F1の日本グランプリなどレーシングで有名な「鈴鹿サーキット」? 忍者発祥の地「伊賀」?

様々な観光名所が揃う三重県で、新たなビアスポット「Brewer's Beer Stand 34(ブリュワーズ ビアスタンド サーティーフォー)」が、2018年7月28日(土)よりオープンします! 三重に行ったら絶対に足を運びたいビアスポットになりそうな予感! 「Brewer's Beer Stand 34」の正体に迫ります。

三重県"初"がいっぱい!

その一、地元でしか飲めないビールがずらり! 三重のクラフトビールに特化した「Brewer's Beer Stand 34」では、常に地元・三重にあるブルワリーのビールを楽しむことできます。伊勢角屋麦酒、火の谷ビール、長島地ビールをはじめとした、三重のビールがずらり。

この地域でしか飲むことのできないレアなビールに出会えるはず。
その二、県内最多のビアタップ! 「Brewer's Beer Stand 34」では、県内最多の12タップを設置! 三重県のビールだけでなく、ゲストビールとして全国各地や世界のビールも提供されるので、行くたびに様々なビールを楽しむことができます。
その三、三重を堪能しつくす! 美味しいビールには美味しい料理も合わせたい! そんな願いも叶えてくれる「Brewer's Beer Stand 34」。季節ごとに旬の三重の食材を使用し、ビールに合うようにアレンジされたこだわりの料理を楽しむことができます!

その他、三重県松阪市にて個性豊かなスペシャリティコーヒーを提供している「オトモニコーヒー」の自家焙煎豆を使用した、豊かで味わい深いコーヒーも飲めて、カフェのような気軽さで利用することができます。

お昼から気軽に立ち寄れる

営業時間は12時からお昼休憩なく24時。テーブルチャージがなく、キャッシュオンで食べ物やビールを楽しむことができます。

さらにこれだけではありません! 「Brewer's Beer Stand 34」では、ビールをテイクアウト購入できるので、テラス席を利用したり、商店街を散歩しながらゆるりとビールを楽しんだり、なんてことも。 観光の途中にビールを一杯買ってみる、例えばそんな楽しみ方だってできるのです。時間、楽しみ方、それぞれ自分の好きなように楽しめるのは嬉しいポイント!

思う存分地元を楽しんで!

三重県には評価や知名度も世界に認められるほどの「伊勢角屋麦酒」を始め、20年以上の歴史を重ねるブルワリーが、実は7ヶ所もあります。しかし、三重県内にクラフトビールを飲める場所は少なく、地元のビールを知っている人も少ないのが事実。

そんな中「地元・三重の人に知ってもらい、地元で楽しんでもらいたい!」と、代表の千田さんは「Brewer's Beer Stand 34」をオープンしました。ちなみにこの店名、"重県日市市"にあることから名付けられたんだそうです。
そんな「Brewer's Beer Stand 34」がある四日市市は、実は名古屋駅からも電車で40分ほどで行けてしまう距離。三重県に行った時はもちろん、名古屋からわざわざ足を運んででも行ってみたいですね。

三重県だからこそ堪能できる限定ビールや料理を楽しめる新たなビアスポットはオープンまであと少し、今から目が離せません!

Brewer's Beer Stand 34

〇場所:三重県四日市市諏訪栄町13-10 「三重うまし国横丁」内 〇アクセス:「近鉄四日市駅」から徒歩5分 〇営業時間:12:00〜24:00(予定) 〇定休日:不定休 〇TEL:090-9139-0718 〇メール:bbs34@outlook.jp 〇SNS:TwitterFacebookInstagram

情報提供元:ビール女子
記事名:「三重に行ったらココに行け! 県内最多のタップ数を誇るビアバーがオープン