宮崎の夏の郷土料理『冷や汁』をビールにピッタリのおつまみにアレンジ。豆腐や水は加えず、お手軽な『サバ缶』を使って薬味たっぷりの和え物にしてみました。火を使わずに作れるので、蒸し暑い季節に嬉しい夏のお助けメニューです。

Recipe by いづみーる

材料

<2人分>
サバ水煮缶
1缶
キュウリ
1/2本
少々
ミョウガ
1個
ショウガ
1かけ
お好みの味噌
小さじ2(味噌により加減)
砂糖
小さじ1
すりゴマ(白)
大さじ2
青ジソ
4~5枚

作り方

Step1

キュウリはスライサーなどで薄い輪切りにして塩をまぶし、5~10分程おいてキッチンペーパーなどで水分を拭う。ミョウガは縦半分にしてから斜め薄切り、青ジソはせん切りにし、ショウガは皮をむいてすりおろす。

Step2

サバ水煮缶を身と汁に分け、汁の方に味噌、砂糖、ショウガ、すりゴマを混ぜ、たれを作る。

Step3

サバ水煮缶の身は食べやすい大きさにほぐし、キュウリ、ミョウガを加えてStep2のたれで和える。器に盛り青ジソを飾る。

Point

※味噌はいつも使っているお好みのものでOK。その時々で味噌を変えてみたり、合わせみそで作っても味のバリエーションが楽しめます。

ひとことコメント

半分はビールのおつまみ、残りの半分は冷水や氷水を加えてご飯にかけシメの冷や汁にと、おうちで一人飲みにもオススメです。

情報提供元:ビール女子
記事名:「サバ缶で冷や汁風ごま味噌和え