Hey! Say! JUMP紅白歌合戦リハに登場!独特の空気感に「想像以上でした」

Hey! Say! JUMP紅白歌合戦リハに登場!

 9人組アイドルグループ『Hey! Say! JUMP』が29日、東京・NHKホールで開かれた『第68回 NHK紅白歌合戦』リハーサルに登場した。

 『Hey! Say! JUMP』は山田涼介(24)、知念侑李(24)、中島裕翔(24)、岡本圭人(24)、有岡大貴(26)、高木雄也(27)、伊野尾慧(27)、八乙女光(27)、薮宏太(27)の9人組。今年デビュー10周年で、出したベストアルバムもヒットとなった。

 白組トップバッターを飾り、歌う楽曲『Come On A My House』は2013年に発売されハウス食品『バーモントカレー』のテレビCMソングにもなり、『Hey! Say! JUMP』の代表曲の1曲にもなる。

 音合わせ終了後に会見を開催。有岡は「独特の雰囲気、空気がありますね。山田と知念はNYCとして出場したことがあるので、前々から緊張するよとは聞いていたんですけど想像以上でした」と、感じるものがあるそう。

 その名前のあがった山田は「メンバーが多いっていいな。頼もしい」と、しみじみで、知念も「3人だとね」と、大きくうなずいていた。一方で高木は「まさか1回で終わると思ってなくて。ほかの歌番組と違うんで」と、驚きもあったようだった。

 その衣装へ山田は「『Hey! Say! JUMP』らしいキラキラは期待してもらっていいかな」と、予告。すると伊野尾が「たぶん裸ってことはないと思います(笑)」と、冗談めかし、メンバーたちも笑いながらざわついたが、山田は「みなさんそれはまったくないです!」と、バッサリで報道陣を爆笑させていた。

 ほかにも、出場が発表されてから約1ヶ月半、いろんな人からお祝いされたとメンバーたちで盛り上がっていたが、決まったときに高木が一番最初に伝えた人は「お母さんとおばあちゃんですね」と、一緒に喜んでもらったそうで、伊野尾も「おじいちゃんおばあちゃんが喜んでくれて。周りのスタッフさんも、どの現場に行っても喜んでくれて」と、周囲からも祝福があったそうだ。

 また、総合司会の内村光良とも話をしたという山田は「『頑張れよ!』みたいな感じで、お父さんみたいな感じでした」と知念とうなずきあいつつ、「それと(白組司会の)二宮和也くんもいるので」と、安心感もあるようだった。

 今後の活動へ向け「紅白に出て気合を入れて、10年目、11年目にトライしたいです!」と、抱負を口にしていた。

情報提供元:News Lounge
記事名:「Hey! Say! JUMP紅白歌合戦リハに登場!独特の空気感に「想像以上でした」