「東京が好き!」というメッセージをアイコンで示し、ムーブメントを生み出すプロジェクト「KISS,TOKYO」の発足2周年を記念し、今月20日に東京・銀座のPLUSTOKYOで記念イベント『KISS,TOKYO DAY』が開催された。

これまで様々な企業やブランドとのコラボレーションや、フリーベーバー「KISS,TOKYO PAPER」の発行などを行ってきた同プロジェクト。今回のイベントでは、モデルの秋元梢、お笑いコンビのジャルジャル、元俳優でクリエイティブディレクターの小橋賢児らが登場し、プロジェクト発起人のアートディレクター・千原徹也と東京への愛を語り合うステージを展開した。

1回目のトークステージは、小橋、千原、同じくプロジェクト発起人の金山淳吾が登壇。東京のカルチャーの魅力を聞かれると、金山は「東京のカルチャーっていうのは、どんどん時代とともにアップデートされながら、新しいものを作っていく、新陳代謝みたいなものが魅力なんじゃないかなと思っています」とコメント。

東京出身の小橋は、地方から集まってきた人々が東京のカルチャーをけん引しているとしたうえで「東京にいることによって、多方面の人と一気に会える。色々なカルチャーや思いに触れられることで、結果それが東京というミックス・カルチャーになっていっているんじゃないのかな」と持論を展開した。

2回目のトークステージでは、放送作家の倉本美津留、お笑いコンビのジャルジャル(後藤淳平・福徳秀介)、千原が登場。アートについてトークを交わしてから、ジャルジャルの二人はフランスで開催したライブを回想。

福徳は「それが僕らの人生史上、一番すべったライブなんですよ」と自虐交じりに告白し、後藤は「ほんまにね、フランス語が難しすぎて!フランス語でやったんですよ。指導していただいたんですけども、暗号を覚えているみたいな。気持ち乗らないですよ、やっぱり」とコメント。福徳は「『なんでやねん!』が『ケスクチュフェラー!』ですよ」と言葉の違いをネタにして会場を沸かせた。

イベント終盤、千原は来年に映画の監督を務めることをサプライズ発表。「2本撮ろうかと思っているんですけど、いまプロジェクトとして進めていて、いつ公開できるかっていうのは、来年の後半とか」と展望を明かしたうえで、そのうちの1本に起用する予定だという女優・安達祐実をテスト撮影したことを報告。安達が出演した短編「最終日」の予告編が上映され、会場は大盛り上がりとなった。

3回目のトークステージは、千原の親友でもあるモデルの秋元梢が登場。秋元は「こうやって、いま千原さんのために集まってくれている方がたくさんいて。千原さんに紹介してもらった人もたくさんいるし、私が知っている人が千原さんを好きになってくれたり、仕事をしたりとか、その逆も。お互いに、いい相乗効果が生まれてきたのかなって」とニッコリ。

千原はこれに頷きつつ、「お互い不安な状態の、未来が想像つかない流れの中で、模索しながらパリに行ったり。こういうことしていかなきゃねとか、色々な話をしたのが今に繋がっているなって思います」と頬を緩めた。

当日は千原の44回目の誕生日ということで、豪華な誕生日ケーキが登場する一幕も。会場にはDJブースが用意され、 DJやついいちろう、DJ E.R.O、DJ笑笑子、DJダイノジらがそれぞれのパフォーマンスで会場を沸かせていた。

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「『KISS,TOKYO』発足2周年イベントに豪華有名人が集結!秋元梢、小橋賢児、千原徹也らが「東京への愛」を語り合う