(C)2019 AMGエンタテインメント

今年1月にアイドルグループ「SUPER☆GiRLS」を卒業し、本格的に女優の道を歩み始めた浅川梨奈(20)が、新感覚オリジナルホラー映画『黒い乙女Q』(5月31日公開予定)、『黒い乙女A』(8月16日公開予定)の2作で主演を務めることが決定。不気味なポスタービジュアルと特報映像が解禁された。

同作は、養護施設で育った孤児の少女・芽衣(浅川)が裕福で優しい夫婦に引き取られるが、周囲にひた隠しにしている家族のとある“秘密”を知ってしまったことにより、数奇な運命に巻き込まれてしまうというストーリー。『Q』と『A』の二部構成で、ラストに大どんでん返しが待ち受ける「ハイパーリバーサルホラー」であると予告されている。

特典映像

(YouTube:https://youtu.be/YleZw3tdW30)

主人公よりも一足先に夫婦に引き取られていたラナ役に北香那、芽衣たちを引き取った夫婦役に和田聰宏と三津谷葉子、さらに大ヒット映画『カメラを止めるな!』で「ポン!」のセリフで話題になった個性派女優・しゅはまはるみ、メイプル超合金の安藤なつら個性的なキャスト陣が集結。話題作『麻雀放浪記2020』の脚本を手掛けたことなどで知られる佐藤佐吉が監督・脚本を務める。

解禁されたポスタービジュアルは、芽衣とラナの無機質な表情と物語を象徴する「お多福様」の存在が印象的。特報映像では、芽衣の絶叫シーンや腹に一物ありそうな登場人物たちの不気味な姿が納められている。

主演を務める浅川は「個人的にとても好きな世界観だったのでこの作品に携われる事がとても嬉しかったです。QとAという二部構成で描かれており、先が読めない展開はとてもドキドキします。人間の心理に迫るような内容になっているのでより恐怖を感じる、面白い作品だなと思いました」と本作についてコメント。

さらに、本作の撮影を振り返って「佐吉監督はご自身も俳優業をされているので相談をさせて頂くとアドバイスをくださったり、『こうしてみたい』といったこちら側の気持ちも組んでくださるのでハードな作品ですがとても楽しい撮影でした。特に印象に残っているのが物語の1番最後のシーン。監督と、そして北さんと沢山話し合って出来上がっていったのですが、人間の黒い部分の中にも見える優しさや思いやりが見えるラストになったのではないかと思います。どういったシーンなのかは見てのお楽しみ…」と思わせぶりに語っている。

浅川梨奈が主演を務める映画『黒い乙女Q』は5月31日より、『黒い乙女A』は8月16日よりシネマート新宿ほかで公開予定です。

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「浅川梨奈が大どんでん返しホラーに挑む!主演映画『黒い乙女Q&A』2作連続公開が決定