男性もオブラートに包んで発している言葉でも、女性は知らない間に傷ついています。今回は絶対に言わない方がいい“ひと言”をまとめてご紹介します

「最近肌の調子悪い?」

女性は毎日せっせとスキンケアに勤しんでいます。あなたの知らない間に健気に頑張っているので、肌の状態には触れないほうがベターですよ!

「ちょっと成長した?」

久しぶりにあった女性に言いがちなひと言。女性に体型のことは絶対に触れてはいけませんよ!同じ意味で言いがちな「ふっくらした?」も傷つくNGワードです。

「結婚はまだなの?」

「彼氏はいないの?」と同率のNGワード!万が一好きな男性に言われた場合は、深く深く傷つくひと言です。

「子どもは作らないの?」

結婚している女性に言いがちな言葉ですが、子供のことは特にプライベートな内容になります。不妊治療をしている方も多いので、そっとしておいてあげましょう。

「喋らなかったらかわいいのに」

この一言を言うなら、素直に「かわいいよ」と言ってあげましょう。このほうが数倍喜ばれますよ!

「ひとりで生きていけそうだよね」

サバサバしたかっこいい女性も増えてきていますが、けして傷つかない女性がいるわけでありませんよ。

「〇〇ちゃんはこうだったよ?」

どんな人でも、他の人と比べられるのは辛いですよね。特に他の女性と比べるのはNGです。今カノと元カノを比べるような比較はやめましょう!

「安産型だね」

お尻の大きな女性がよく言われているひと言です。もし言った相手が未婚でお子さんがいない女性なら「余計なお世話だ!」と思われています。

「お母さんみたい」

母親のような深い母性を感じた場合なら良い意味で捉えられるかもしれません。が、ほとんどの場合「あなたみたいな子どもを産んだ覚えはないよ!」と心の中で思っていますよ。

この一言には気をつけて!

強そうに見えても傷つきやすい女性の心は、何気ない一言で日々傷ついています。仲が良い女性に発してしまう何気ないひと言が多いので、今回ご紹介した上記の“ひと言”たちには充分気をつけてくださいね。

週刊プレイボーイ/週プレ 最新号:2019年5月20日号 (2019年05月07日発売)
Fujisan.co.jpより

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「知らない間に言ってるかも?女性が傷つく、言ってはいけない“ひと言”