同じ日本という国で生まれても、育った地域が違えば価値観は微妙に異なるそうです、特に恋愛観は。株式会社パートナーエージェントは回答者の独身男女2400人を東日本と西日本に分けたアンケート調査を実施し、東西の恋愛観の差異を探りました。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000378.000006313.html

まず、結婚願望の有無について聞くと、東日本(60.3%)、西日本(61.4%)とあまり差は見られず、結婚したい年齢も東日本(31.92歳)、西日本(30.01歳)とこちらも同じような結果になりました。

ただ、「結婚相手に求める条件は何ですか?」という設問では、東日本の横綱は「暴力しない」、大関「清潔感がある」、関脇「健康」、小結「見た目がタイプ」、前頭「偏りすぎない体型(太りすぎ・痩せすぎなど)」と続きました。一方、西日本の横綱は「浮気をしない」、大関「借金をしない」、関脇「ギャンブルをしない」、小結「煙草を吸わない」、前頭「子どもがほしい」でした。

(※ここの設問に関しては回答結果を大相撲の番付のようにまとめられています)

東西を比較すると、東日本は「見た目」を意識する傾向が見られましたが、西日本では「浮気をしない」「ギャンブルをしない」など生活態度を注視するようです。ここまで露骨にパートナーに求める項目に違いが出るのは驚きですね。

 西日本の人は浮気しがち?

西日本で横綱に輝いた「浮気をしない」ですが、東日本では一切番付に絡んでいません。東日本の人はパートナーの浮気を気にしないのかと言えば、そういうことは考え難いです。それでは、なぜ西日本の人はパートナーの浮気にここまで過敏なのでしょうか?

相模ゴム株式会社が行った「都道府県別の浮気率」によると、1位は埼玉県(31.03%)、2位は京都府(25.63%)、3位は和歌山県(24.27%)、4位は岐阜県(23.91%)、5位は山口県(23.48%)が並びました。https://www.sagami-gomu.co.jp/project/nipponnosex2018/04_ranking_sex.html#q07

埼玉県は東日本ですが、トップ5中4府県が西日本という結果になりました。西日本の人は浮気をする傾向が高いため、「浮気をしない」が横綱に選ばれたのかもしれません。ただ、浮気率が最も低かった3県も見てみると「鳥取県」(14.88%)、「島根県」(16.74%)、「三重県」(16.94%)でした。

上位と下位のどちらにも西日本がランクインしているので、「西日本の人は浮気しがちだから浮気を警戒する人が多い」という仮説の雲行きが怪しくなります。ただ、西日本にはめちゃくちゃ浮気をする人が一定数いるため、浮気被害に遭った人が多くのかもしれません。

なんにせよここまでパートナーに求めるものが違いが生じるのも面白いですね。掘り下げていけばもっと面白い県民性が見えそうな気がします。

Hot-Dog PRESS(ホットドッグプレス) 最新号:227号 (2019年04月26日発売)
Fujisan.co.jpより

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「西日本の人はパートナーの浮気に過敏 浮気率の高さが原因か?