こんな美女達とお酒が飲めるなんて、なんて幸せなんだ。ありがとう神様!いや女神さま!(もちろん仕事ですよ)

それは2日 、ラ・ロシェル山王(千代田区)にて行われたMissWorldJAPAN2018 受賞者お披露目兼世界大会壮行会パーティーでのこと。マガジンサミットは大会を通して取材をさせていただいており、なんと壮行会にもお招きいただけたので!編集部・矢嶋がお邪魔させていただきました!(過去取材記事はこちら!

壮行会の会場に着くと、日本代表の伊達 佳内子さんや準ミスの高橋 紫微さんや野間 恵理佳さんといった錚々たる美女たちがお出迎え。さらに高級フレンチレストラン「ラ・ロシェル」の料理やドリンクも頂けるとのことでフルテンションでございます!

イベントでは、来たる11月10日より約1ヶ月の間、中国の海南島で開催される世界大会に向けて伊達さんが決意を語りました。

伊達さんは「(日本代表になって)1ヶ月間、いろんな準備や経験もしました。この時点で相当恵まれた時間だと思います。世界大会に行ったら130の国と地域の美しい人たちが集まって約1ヶ月間、楽しみにながら精一杯審査に臨みたい」と意気込みを明かすと、最後は「目指せナンバーワン!がんばります(笑)」とお茶目な一面も見せてくれました。(頑張れ伊達さん。全力で応援してますよ!!)

姿勢。マイクの持ち方。喋り方。容姿。全て美しいですね伊達さん。なんてたって俺なんかと話すときもしっかり目を見てくれるんですよ。

(それにしてもスタイル凄い。矢嶋173cmあるのにこの身長差ですよ…)

一仕事終え乾杯

伊達さんからお話も聞けたので「かんぱーい」

この写真を見てお気づきになった方はいるだろうか。

そう。周りはみんなジャケットにネクタイで正装なんです。こういった場に馴染みのない私…めちゃくちゃ浮いて…ました…(タイ着用っていってよ!!!)

しかし今日のミッションは日本を代表する美女達を皆様に紹介すること!その一心でございます!スーツもない。タイもしてない!でもそんなの関係ねぇですよ!

美女コレをお届け

ここからは美女コレを皆さんにお届けしましょう。

(左:準ミス・ワールド 野間 恵理佳さん、審査員特別賞 瀬名 ののかさん)

(審査員特別賞 鈴木 ふみ奈さん)

(ミス・ヨガ 西林 沙紀さん、日本伝統文化賞 麻井 香音さん)

(左:準ミス・ワールド 高橋 紫微さん)

いかがでしたでしょうか。さすがミス・ワールドでしょ?容姿端麗とはこのことですよ!

し・か・も!皆さん容姿だけじゃなく内面も美しいんですよ。こんなノータイでカジュアルな格好したやつが、ほろ酔いでいい加減な絡みをしても素敵な笑顔で話してくださるんですよ。

ありがたや〜ありがたや〜。時系列でお届けしてるので矢嶋の顔が赤くなってるのもお楽しみいただける。

(あ、私への妬み嫉みから発生する、誹謗中傷は受け付けておりません)

書きたい

政界の重鎮や上場企業の社長等が、世界大会に伊達さんが持っていく日本国旗に激励の言葉を書いている。

書きたい…めちゃくちゃ書きたい…俺も粋な言葉を送りたい。

そんな眼差しで国旗を見つめているとスタッフの方から「矢嶋さんも一言どうぞ」と天使の一声。

「そこまで言うなら〜」と私も一言書かせていただきました!

どん!

大会中もこれからの人生も笑顔でいて欲しいという思いを込めて『笑顔』と記したら編集部のスタッフから「なんで笑顔?意味ありげな一言が気持ち悪いよ。素直に頑張れとか書けよ」と愛のある言葉を。

私の「笑顔」が記された国旗を手に世界大会へ旅立つ伊達さんをぜひ皆さんも応援して欲しい。

本人も「持てる力を精一杯振り絞る」と力強い言葉を発しており、初の世界王者誕生を皆さんにも見て欲しいと思うし注目して欲しい!

最後は美女達に囲まれて、いや囲んでいただいてレポートを終わらせていただきます。(改めて、私への妬み嫉みから発生する、誹謗中傷は受け付けておりません)

美的(BITEKI) 2018年12月号 (2018年10月22日発売)
Fujisan.co.jpより

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「いざ世界大会へ。最も歴史が長いミスコン、MissWorldJAPAN2018伊達さんの壮行会に参加してきたら想像以上に楽しめた