出典:http://monshiro-chan.com/

野島伸司様といえば大御所脚本家でございます。今話題の石原さとみ主演のドラマ「高嶺の花」の脚本も担当されております。30、40代以上は知らない人はいないのでは…。90年代大ブレイクした人気脚本家でございます。

野島伸司様といえば…

1988年、「君が嘘をついた」(フジテレビ系)で連続テレビドラマデビュー。このドラマは、バブル時代に作られたいわゆるトレンディドラマでございます。

キムタク様の奥様、工藤静香様もご出演!さらに、ブレイク前の石橋貴明様の奥様、鈴木保奈美様もご出演されております。平均視聴率は17.3%ということで、いきなり野島様は注目を集めることに…。

その後、トレンディドラマの脚本家としてブレイク。90年代になると「101回目のプロポーズ」、「愛という名のもとに」、「ひとつ屋根の下」と、フジテレビの人気トレンディドラマを執筆。さらにTBSでは、重いテーマで賛否両論を呼んだ「高校教師」、「人間・失格~たとえばぼくが死んだら」、「未成年」などでも名を馳せます。

そうそう、日テレでも「同情するなら金をくれ」のセリフが話題になった「家なき子」、こちらにも企画参加されております。そんな野島様ですが、近年はヒット作に恵まれておりませんでした。

そんななか、この夏ときたら…。

石原さとみ主演の連続テレビドラマ「高嶺の花」(日本テレビ系)がスタート!さらに、フジテレビが運営する動画配信サービスFODと、映像配信サービス「dTV」がタッグを組んで共同製作した「彼氏をローンで買いました」も地上波(フジテレビ系)で放送スタート。再ブレイクの兆しが…。

それだけではございません!聞くところによると最近、絵本の原作を手がけ、それも話題だとか…

しかし、野島様といえば、「聖者の行進」(TBS系)では暴力描写に抗議が殺到、スポンサーが降りるなど、高視聴率をとる一方で、その内容や表現がPTAから問題視され、「子供に見せたくない番組」ワーストランキングに入ることも少なくなかった脚本家でもあります。

そんな野島様が絵本…。いったいどんな絵本なのか…。

まず驚くのが、その絵本が置いてある場所でございます。マタニティー・ベビー・キッズの専門店「アカチャンホンポ」でございます。今年6月から全国約30店舗の遊び場スペースなどで無料配布されており、ママ友の間で人気を呼び品切れのお店も出ているとか…。

絵本のタイトルは、「モンシロちゃん」。美しい森に住む、親孝行で優しいチョウのモンシロちゃんが主人公。ある日、自意識過な蛾のガーガが、本当のことしか言わない滝に「この森で一番美しいのは私よね?」と聞きます。ところが、滝は「いいえ、モンシロちゃんです」と…。どこかで聞いたことのある展開でござますが、ここから物語は展開してまいります。

ちなみに、こちらの絵本、完全にママ向けかと思われます。漢字も使われておりますし、描写も言葉も幼い子供には…のものも多うございます。だからというわけではございませんが、子供より圧倒的にママから人気でございます。

もちろん、ママだけでなく野島ドラマファンの方にも、こちらの絵本、気になるのでは…。ちなみに現在、モンシロちゃんの公式ホームページ(http://monshiro-chan.com/)で、第1話を公開中とのこと。チェックしてみてはいかがでございましょう。

「高嶺の花」最終回も気になりますが、モンシロちゃんと白雪姫の関係も気になるのでございます。…

(文:N田N昌)

NHKウイークリーSTERA(ステラ) 2014-05-21 発売号
Fujisan.co.jpより

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「ママ友の間で再ブーム到来か!?人気脚本家、野島伸司の絵本がアカチャンホンポで…