過去に開発中止となったゲーム『Year of the ladybug』のアートワークを手がけたDave Kang氏が2020年3月16日、3月25日に何らかの公式発表があることをTwitter上で示唆している。

開発中止されたサバイバルホラー『Year Of The Ladybug』とは

『Year Of The Ladybug』とは、3年前に開発中止になったサバイバルホラーゲーム。もともとDave Kang氏によるコンセプトアートだけが発表され、共同開発者が募集されている状況だった。

コンセプトアートだけであってもDave Kang氏の描き出した世界観は独特。狂気と怖ろしさに満ちたアートワークは、多くの者を惹きつけていた。しかし、2017年1月19日に開発中止がアナウンスされると期待されていた分だけ残念がる声も多かった。

その後、2018年にはクラウドファンディングによってアートブック制作が実施されるも、ゲーム化の動きは見られなかった。こうした経緯を経ての今回のTweetなので、やはり『Year of the ladybug』ゲーム化再始動の発表なのではと期待は膨らむばかり。3月25日の公式発表を期待して待ちたい。

(執筆者: ガジェット通信ゲーム班)

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「開発中止された『Year of the ladybug』に再始動の動き? 3月25日に発表されるものとは