3月14日に発売された主婦の友社「ベビモ」。

赤ちゃんのいる生活を家族みんなでもっと楽しむための情報が満載!
毎日のお世話、病気の予防やケアなどの子育てハウツーはもちろん、ママとベビーのファッションやインテリア、お出かけ、パパの育児力アップ応援など、赤ちゃんのいる生活を、家族みんなで楽しむための情報満載マガジンです。誕生から2才までの「たいへんだけど楽しい!」をバックアップします。

とのこと。

今回「パパといっしょに考える 2人目 いつ? どうやって? BOOK」という別冊付録では、ブロガー・はあちゅうさんとセクシー男優・しみけんさんの2ページの対談記事が掲載されている。

プレモベビモ編集部‏(@premobabymo_mag)はTwitterで告知を行っていたが、そちらのツイートには批判の声が少なからず寄せられている。

「妊活詐欺したはあちゅうさんを出すのどうなんですか? 雑誌のイメージ低下だと思います!」
「妊活詐欺疑惑がある人間より、もっといいママタレントさん使うべきでは…。 採用理由は大人の事情なのでしょうが、不満の方多いでしょうに」
「現時点で私のお腹に赤ちゃんはいません、と書いていた時にはすでに妊娠がわかっていた…。そんな嘘偽りだらけの人を採用するんですね。育児も預けっぱなしのくせに育児は大変アピール…。よくこんな人を載せれますね」
「妊活詐欺や妊娠中の危険な行動をした過去があっても 子供が生まれれば誰でも出れる雑誌なんですか? それとも誰かの穴埋めで急遽の採用ですか?」

といったような、いわゆる「妊活詐欺」疑惑のあったはあちゅうさんの掲載に疑問という意見が多かったようだ。
また、

「はあちゅう出てるなら絶対買おうと思わないし立ち読みもしたくない もっと素敵なママタレたくさんいると思いますが?」
「私自身、妊活、不妊治療で辛い時期がありました。 だから余計にはあちゅう氏の妊活ブログは許せません。」
「はあちゅうなんか出すな 消費者に喧嘩売ってんのか」

といったものも。返信欄以外にも、同じような意見がSNSで散見されていた。

また、特集では離乳食の記事なども載っているのだが、しみけんさんが公言している食の趣味から考えても人選には疑問が……といったところだろうか。

先日3月5日には、「デイリースポーツ」に

はあちゅうさん「アンチがデマを…」 コロナ対策シェア企画わずか1日で中止に
https://www.daily.co.jp/gossip/2020/03/05/0013168272.shtml[リンク]

という記事が掲載されていたはあちゅうさん。同記事の配信先の『ヤフーニュース』のコメント欄には

「こういうところで好感度というか日頃の行いがスゴイ大切だということを学びました。」
「好かれていない自覚も必要」
「はあちゅうさんは、自分が相当嫌われてるということを自覚した方が良いと思う」
「それだけ嫌われてるってことで それを踏まえてやるべき」

といったようなコメントが書き込まれていたようだ。

※画像は『Twitter』より

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「「消費者に喧嘩売ってんのか」育児雑誌「ベビモ」に”妊活詐欺”疑惑のはあちゅうさん対談記事掲載でSNSに批判の声