マサチューセッツ州警察が、ボストン・ダイナミクスの4足歩行ロボット『Spot』を爆発物処理班の一員としてテストしていることが明らかとなりました。


https://twitter.com/allyjarmanning/status/1198942567728988162


https://twitter.com/allyjarmanning/status/1198953500975104000


https://twitter.com/allyjarmanning/status/1198943095510859776
ボストン大学所有の公共ラジオ局WBURによると、マサチューセッツ州警察はボストン・ダイナミクスと『Spot』のリース契約(8月~11月)を締結したとのことです。これは、アメリカ国内の警察機関としては初めてのケースになります。マサチューセッツ州警察は、『Spot』を爆発物処理班の“移動型リモート監視デバイス”としてテストした模様。

SNS上には、様々な声が集まっています。

・基本はリモート操作可能な攻撃用ロボット犬。武器搭載も可能だし、ジャンプも走ることもドアを開けることも可能
・容疑者確保の際に建物内の安全確認するにはいい方法だ
・ボストン・ダイナミクスはいつオムニコープ(映画『ロボコップ』に登場する企業名)に社名変更するんだ
・『ブラック・ミラー』(Netflixのドラマ)見た事ないのかな
・恐ろしいことだわ
・人間の役に立つという見方もできるし、人間に対する警告という見方もできるな
・ロボット警察犬だと?
・ジョン・コナーが警告してたのはこのことか
・リモート操作するのはあくまで人間だよね。大事なのはロボット工学三原則だからね

今後、警察などがどういった目的でロボットを活用していくのか、まだまだ不安な人のほうが多いようです。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/allyjarmanning/status/1198942567728988162

※ソース:
https://www.wbur.org/news/2019/11/25/boston-dynamics-robot-dog-massachusetts-state-police

(執筆者: 6PAC)

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「ボストン・ダイナミクスのロボット『Spot』 マサチューセッツ州警察の爆発物処理班の一員としてテストされる