『奇界遺産』で知られる写真家・佐藤健寿さんがTwitterで公開した、iPhoneの撮影による動画が話題を集めている。

「壮大な景色の悪路とiPhoneの手振れ補正が相まって安い合成みたいになってしまった動画」

佐藤さんが紹介したのは、砂漠化した荒野を走行するクルマの車内から新型iPhoneで撮影したと思われる映像。

舗装されていないデコボコ道のため車体がガタガタと揺れているのが分かるが、フロントガラスの向こうに映る景色は非常になめらかに水平・垂直を保っているのが見て取れる。

佐藤さんが「安い合成」と表現したように、まるでひと昔前のスクリーン・プロセスやクロマキー合成を思わせる仕上がりだ。それにしてもiPhoneの手ブレ補正機能すごいな。GoPro並みじゃん!

機能性が高すぎるゆえに、むしろチープな演出に見えてしまったこの映像に対し、ツイートのリプライ欄には数多くのコメントが寄せられている。

・昔の映画みたい…
・Z級映画www
・インド映画で見るやつ
・シュワちゃんが火星に行くやつ
・ドリフの電車コントみたい
・ゲームの映像みたい
・SEGAの体感筐体のようだww
・ネプリーグ
・見てたら酔ってきました…
・まるで空を飛んでるようで素敵!

※画像はTwitter(@x51)より引用しました。

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「『奇界遺産』佐藤健寿さん撮影の「安い合成みたいになってしまった動画」が話題に →iPhoneの手ブレ補正がんばり過ぎ!