アンカー・ジャパンは10月11日、Android OSを搭載したコンパクトサイズのモバイルプロジェクター「Anker Nebula Apollo」を発売しました。200ANSIルーメンの明るさで最大100インチの大画面が投影でき、6W出力の高音質サウンドが楽しめます。

Nebulaシリーズで初めて、本体天面にタッチパネルを採用。リモコンやアプリからの操作に加えて、本体を直接触って直観的な操作が可能になりました。

Android 7.1を搭載。「YouTube」「Amazon Prime Video」「Netflix」などのアプリをインストールして映像を最長4時間楽しめます。

価格は3万9999円(税込み)。Amazonで販売する初回50個には、Amazonで使用可能な4000円分のポイントがプレゼントされるとのこと。

「Anker Nebula Apollo」主な仕様
解像度:854×480画素
輝度:200ANSIルーメン
充電時間:約2時間(15V = 3A⼊⼒時)
再生時間:
動画:約4時間 (バッテリーモード使⽤時)
音楽:約30時間(Bluetoothスピーカーモード時)
接続:Wi-Fi/HDMI/Bluetooth4.2/USB Type-A
サイズ:約131×65x65mm
重さ:約579g
パッケージ内容:Anker Nebula Apollo、電源アダプター、リモコン(電池付き)、クイックスタートガイド

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「天面のタッチパネルで直観的操作が可能に AnkerのAndroid搭載モバイルプロジェクター「Nebula Apollo」が3万9999円で発売