10月10日、最新刊『人間』(毎日新聞出版)の発売を記念し、著者の又吉直樹が記者会見を開いた。

『人間』は、芥川賞を受賞し300万部超えのベストセラーを記録した処女作『火花』、2020年に映画公開される『劇場』に続く、3作目にして本人初の長編小説。毎日新聞夕刊にて2018年9月3日~2019年5月15日にかけて連載された。

会見の冒頭、「何か月も前から準備していたので、実際には1年くらい時間をかけて完成しました。ようやく書籍になったな、という気持ちです」と、村田善子さんが装丁デザインを担当した本を感慨深げに手にした又吉は、「最初にすべて書き終わって小分けにしていくよりも、連載ならではのライブ感を楽しみました。先の展開に不安を感じてもあえて戻ることなく、前日の自分が書いたことを引き受けて進んでいく感覚は連載ならではだったと思います。単行本化するにあたり細かい修正はありましたが、連載時に生まれたリズムは極力残しました」と、自身初となる連載の経験を振り返った。

過去2作品では青春のただなかにいる若者たちの夢や挫折が描かれたが、本作は執筆時の又吉と同年齢となる38歳の男が主人公。青春の後もなお続く残酷さとほのかな救済をテーマとし、又吉自身、「今まででいちばん自分と近い小説」と告白している。

「『火花』の中で、“生きている限り、バッドエンドはない。僕たちはまだ途中だ”という言葉を自分で書いたんですけど、じゃあ続いていった人たちはどう過ごしているのかと考えました。物語は劇的な瞬間や出来事が収められていることが多いんですけど、実はその後の人生やそれ以外の時間の方が長いのかもしれないと思って」と本作に込めた思いを述べ、「1作目、2作目を書いたからこそ、この作品が完成した。これまでの作品が無関係じゃない、繋がっている気はしています」と語った。

また、日本時間の同日夜に受賞者が発表されるノーベル文学賞に関連した質問を向けられると、「モノを作るときの動機は賞とは違うところにあって。僕が小学校の頃に漫才やコントを書き始めた時も、将来それでご飯を食べていこうだとか、芸人になりたいとか思ってなくて、書かずにはいられないという状態から始まっているので、本を書くときも同じです。考えたところで絶対に無理なので」と、一貫して変わらない作品づくりの動機について明かした。

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「又吉直樹の最新刊『人間』発売 「今まででいちばん自分と近い小説」