10月7日、お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが『Twitter』にて

『猛省』
今年からフォロワーさんから勧められたアニメを見始めたけど…まだ僕はアニメに対しての偏見があったのか?と思い知らされた…絵のタッチだけで何かを判断している…まどかマギカを見てやはり作品はストーリーも加味して判断すべきだと…すみません僕は外見偏見豚野郎でした…猛省します。

とツイート。

薦められて今年から
アニメを見始めました!

という作品リストをアップした。

ラブライブ!サンシャイン!!

ラブライブ!

ガールズ&パンツアー

……

と続いていき、2枚目の

……

ゾンビランドサガ

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない

魔法少女まどかマギカ

で終わっている。15本ほどの作品が今回リストアップされていた。
「『まどマギ』の絵のタッチで云々」というくだりには共感する人も多くいたようだ。
そして、リストにまだ載っていないおすすめの作品が次々と寄せられていた。「シュタインズゲート」を推す声が比較的多く、中には「チャージマン研」という声も複数あった模様である。

関連:
「僕は外見偏見豚野郎でした」田村淳がアニメ視聴をはじめて食わず嫌いしていた事実を猛省…そしてアニヲタが集いて更なる沼へ誘う流れ
https://togetter.com/li/1414400[リンク]

※画像は『Twitter』より

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「「魔法少女まどか☆マギカ」を観た田村淳さん「すみません僕は外見偏見豚野郎でした…」と猛省