8月1日にスタートした国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」。企画展「表現の不自由展」はその内容が批判を呼び大炎上、3日間で展示中止となった。検閲や表現の自由の問題などについて議論を呼ぶ中、10月7日に翌8日から再開することが発表された。名古屋市の河村たかし市長は再開に反対、抗議の座り込みを行う意向を示した。

津田大介芸術監督は『Twitter』にて

座り込みよりかはハンガーストライキの方が政治的効果は高いんじゃないですかね。

とツイートを行う。


賛同の声、批判の声それぞれ寄せられていたが、津田監督はツイートを削除してしまったようである。

一方の河村市長は8日正午すぎ、

どえりゃあ ごぶさた。愛知トリエンナーレ 再開反対 座り込み 午後2時 愛知県芸文センター because申告内容かくされる 県は市とまったく話し合いなしですべて独断.実行委員会ひらかれず 陛下写真バーナー焼いて踏みつぶす いかん

と、どアップの顔写真を添えてツイートし反響を呼んでいた。

※画像は『Twitter』より

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「津田大介芸術監督「ハンガーストライキの方が政治的効果は高いんじゃないですかね」あいちトリエンナーレで河村たかし市長が抗議の座り込み