これまでケヴィン・コスナーやラッセル・クロウなど錚々たるハリウッド俳優が主演し実写映画化されてきたロビン・フッド。この度、ハリウッドの第一線で活躍し続ける名優レオナルド・ディカプリオを製作に迎え、『キングスマン』シリー ズで一躍人気俳優となったタロン・エガートンが主演に大抜擢され話題となったアクションエンターテイメント『フッド:ザ・ビギニング(原題:Robin Hood)』が10月18日(金)に公開となります。

『フッド:ザ・ビギニング』で描かれるロビン・フッドはこれまで描かれてきたストーリーとは異なり、伝説のヒーロー、ロビン・フッドがいかにして生まれたのか?を描く前日譚。表の顔は領主、裏の顔はフードをかぶった盗賊という二つの顔を持ったヒーローが敵も味方も鮮やかに大胆に欺く姿が時代を超えてスタイリッシュに描かれています。

【ストーリー】イングランドの広大な屋敷に暮らす若き領主ロビン・ロクスリー(タロン・エガートン)は何の苦労も知らずにいた。 一通の徴兵通知で、十字軍として遠い異国で戦うまでは。4 年後、激戦の果てに帰国すると、ロビンは戦死したとされ て領地も財産もすべて没収され、恋人も領⺠も鉱山へと追放されていた事を知る。どん底に落ちたロビンだが、戦地で は敵だった最強戦士ジョン(ジェイミー・フォックス)に導かれ、腐敗した政府に対し、たった2人で反逆を開始する。頭巾=フッドで顔を隠したロビンは、政府から金を盗み、それを領主として献上し権力のトップに潜入していく。 やがて、貧しき者の代弁者〈フッド〉として、⺠衆の心をつかんでいくのだが――。

本作の見どころの一つと言える弓矢を使ったアクションにはこだわりが沢山! 

本作でフッドを演じたタロン・エガートンは『キングスマン』シリーズで颯爽としたスーパースパイを演じ、巧みなアク ションと反骨精神を秘めた屈託ないウィットとを融合させる類まれな才能を世界中の観客に見せつけたが、本作では、息つく間もないアクロバティックで華麗なアクションを披露し観る者すべてを魅了する。オットー・バサースト監督は「現代的な作品にする」という基本方針を掲げたことで、本作のアクションが格段にレベルアップしたと言います。

弓矢を使った古典的な戦いは、極めてアスレチックな戦闘へと変わるとともに、新しいエネルギーをもった刺激的なアクションに進化。バサースト監督は「弓矢を使った接近戦が実際にどんな風に見え、どんな感じだったのかを知るため に、何時間もかけてリサーチしたよ。そしてそこから、信憑性があって、なおかつこれまで誰も見たことがないような、映画的な新しい弓矢の戦いを作り出していったんだ。まるで現代の銃撃戦のような、すごくリアルで動的で直感的な感じの戦 いになっているよ」 とコメント。そうした激しく複雑なアクションに、それぞれの役柄と一心同体になった役者たちが、ユーモアと個性と人間性を加えながら挑んだことによって、最高のアクションが出来上がったのです。

『ローグ・ワン/スター・ ウォーズ・ストーリー』、『ジェイソン・ボーン』などにも携わっていたセカンドユニット/アクション・ディレクターのサイモン・クレーンは、「タロンにジェイミーにイヴなどキャスト全員が、のめり込むほど熱心に取り組んでくれたおかげで、生き生きしたアクションになったんだ。ノッティンガムを変えることにこれほどの情熱を抱いている彼らを見たら、応援せずにはいられなくなるよ」 と本作で描かれるアクションが素晴らしいものになったと話します。

また、息つく間のない弓の早打ちアクションが本作の見どころの一つですが、その弓のアクションのカッコよさをより一層 際立てているのが武器のデザイン。劇中で登場する武器をデザインしたのは『ワールド・ウォー Z』、『アサシンクリー ド』、『キング・アーサー』などの武器を担当したティム・ワイルドグースで、キャストが使うためのパワーアップした独創 的な弓矢を山のように作っていたそう。その中には、自動火器のように矢を放つクロスボウや、ワイルドグースが“矢を放つ RPG”と命名した、一度に30本の矢を放つことができる肩乗せ型のデバイスもあり、「RPG を支えるには 3、4人必要だ った。そして一人が弓を引っ張り発射する準備ができたところで、後ろ側にあるロープを引く。そうすると何十本もの矢が十字軍の兵士たちに向かって飛んでいくんだ」と、ワイルドグースは言います。

そのほか、金属製の矢がこめられた回転式マ ガジン付のガトリング式メカニカル・クロスボウ、ノッティンガムの州⻑官が群集を制するために使う、催涙弾を発射するクロスボウ、カモフラージュされた“スナイパー・ボウ”。そして警棒を金属で覆った“ノッティンガム警棒”といった特製の 武器が使用されており、どれも見た目が恐ろしいだけでなく、ワイルドグースが保証するとおり、「すべて実際に使える」ものになっています。

さらに、弓は、使用するキャラクターに合わせて一つ一つカスタマイズされており(!)、「どの兵士も、⻑年にわたる戦いの中で、自分の弓に落書きしたり、エンブレムや小さな装飾品をつけたり、聖書の言葉を刻んだりしているだろうから、弓をどんどんカスタマイズしてほしいとオットーに言われたんだ」と、ワイルドグースが話すように監督のアクションへのこだわりが強かったことも伺えるだろう。監督のこだわりが詰まった今までにないカッコいい武器を使用したアクションの数々をぜひ劇場の大きなスクリーンで!

(C)2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「すべてが斬新で“実際に使える”カッコいい武器に注目! ロビン・フッドを現代的に描いた『フッド:ザ・ビギニング』