B級フードライターとしてカップ麺アレンジなどのレシピを紹介しているノジーマです。

全国各地に存在するマニアックなご当地グルメは“B級グルメ”と呼ばれ、B-1グランプリの開催をきっかけにさまざまなB級グルメが注目を集めました。そんな中でもあまり知られていない激レアなB級グルメ「フレンチドック」を先日はじめて食べることができたのでご紹介させていただきます。

道東のB級グルメ「フレンチドック」

フレンチドックは北海道の道東と呼ばれる地域の一部で、祭や縁日などの屋台に登場するB級グルメ。なかなか出くわすタイミングがないため、北海道民にさえもあまり知れ渡っていません。これまでにも多くの北海道出身者に「フレンチドックって知ってますか?」と尋ねてきましたが、知らない人があまりに多く、本当に存在するのか疑いたくなるレベルでした。

そんなフレンチドックが存在するという道東地域の中標津町と標津町にはじめて行ってきたのですが、中標津空港に降り立った瞬間に感じられる牛のニオイと雄大な自然にすぐ心を奪われました。ど田舎だけど最高に素敵な場所だ……!

これだけの大自然で作られた食べ物はなにもかもがウマい。新鮮な牛乳を使ったソフトクリームもウマいし、居酒屋のメニューは何を頼んでも絶品。スーパーに行けば海産物がビッグサイズ&激安価格で販売されています。

そんな道東地域のグルメを満喫していたところ、ちょうど滞在中に標津町にある標津サーモンパークという施設で「あきあじまつり」なるイベントが開催されるという情報を入手。あきあじというのは産卵のために川を上る鮭のことで、標津サーモンパークではその鮭の貴重な姿を見ることもできるとのこと。いろいろ面白そうなので行ってみることにしました。

会場に到着すると入口に長蛇の列が。いったいなんの行列かと思ったら……

なんとイクラ丼が1000杯も無料で配られるとのこと。さすが北海道、スケールがでかい! 慌てて僕も並んでみようとしましたが、すでに整理券の配布が終わってしまっていました。残念……。

イクラ丼の無料配布以外にも他の地域の祭では見かけないような屋台がたくさん出ていました。鮭の串焼き、鮭節を使ったラーメン、ご当地おでんなど魅力的なものばかり。そのひとつひとつをチェックしていくと……

出ーーーーたーーーー!! ついに激レアB級グルメ・フレンチドックの屋台を発見!! 鮭のお祭りでまさか出会えるとは思っていなかったので、思わず声を出して喜んでしまいました。

フレンチドックとはソーセージに衣をつけて揚げた食べ物で、アメリカンドックとして全国的に流通しています。ベースとなる部分はまったく同じ食べ物だと考えて間違いありません。

では何が違うのかというと、アメリカンドックはケチャップやマスタードをつけて食べるのが一般的ですが、フレンチドッグは大量の砂糖をまぶして食べるのが基本。アメリカンドックに砂糖なんてまったく想像がつきませんよね……!

今回見つけた屋台ではケチャップやマスタードの用意もありましたが、店員さんにどの味が人気なのかを尋ねてみるとダントツで砂糖が人気だと教えてくれました。

もちろん僕も砂糖でオーダー。目の前でアメリカンドックに、いやフレンチドックに砂糖がたっぷりとまぶされていきます。

店員さんに300円を手渡し、受け取ったフレンチドックがこちら。これが激レアB級グルメのフレンチドックか……!!

ドーナツのような味わい&魚肉ソーセージの塩気が甘さを引き立てる!

いったいどんな味なのか恐る恐る食べてみると、アメリカンドックと同じ食べ物とは思えない味わいにびっくり。まるでドーナツのような味に感じられました。確かに小麦粉ベースの生地はドーナツもアメリカンドックも一緒。ケチャップが砂糖に変わるだけでここまで印象が変わるとは。

でもドーナツっぽい味になると中身のソーセージが合わないのでは……と思いきや、これがまた絶妙にマッチしていて美味しい。ソーセージはポークソーセージではなく魚肉ソーセージが使われているため口当たりがマイルドで、やさしい塩気がアクセントとなりフレンチドッグの甘さを引き立てているのです。つまり塩バニラとかと同じ原理ですな。中身のソーセージがポークソーセージだと少しバランスが崩れてしまうかもしれません。

フレンチドッグを目的に出かけたわけではなかったので、まさかのタイミングでフレンチドッグを体験できて喜びもひとしおでした。コンビニで売っているアメリカンドックでも家に持ち帰って砂糖をまぶせば簡単に再現できるので、興味のある方はぜひ試してみてはいかがでしょう。

(執筆者: ノジーマ)

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「北海道の一部にしか存在しない激レアB級グルメ「フレンチドック」を食べてきた