9月11日放送の「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)にディーン・フジオカが出演し、最近の悩みを相談した。

悩み相談コーナーで、ディーンは最近のタピオカ人気に「タピオカを買っておけばいいんじゃないか、みたいな風潮、なんとかなりませんか?」と発言。

ディーン自身も学生時代にお腹がいっぱいになるのでタピオカミルクティーをよく飲んでいたという。「そういうときもあったんですけど、20年くらい経って今更タピオカを飲みたいとはあんまり思わなくて。でも、例えば『あのお茶屋さんが好きだ』という話をすると、気を遣ってくれて買ってきて差し入れしてくれたときに、袋に入っていた30個が全部タピオカみたいな……」と苦笑い。

マーケティング評論家の牛窪恵は、タピオカミルクティーはすでに出前サービスが多数登場しており、2020年はオリンピックを家で楽しむ際に注文されるなど、さらに急増する可能性があるため、「タピオカブームはあと2年続くので我慢してください」と断言。

このアドバイスに、ディーンは「我慢ですか? お話を聞いていると我慢というより、自分で店を出したほうが良いんじゃないか、という感じじゃないですか(笑)?」と言うと、ブラマヨ・小杉が「ディーンさんが出したタピオカめちゃくちゃ流行りそう」とコメント。

するとディーン自ら、「ディーン・タピオカとか……」「ストローはプラスチックじゃない方が」と意外と乗り気で具体的に考え始め、スタジオは笑いに包まれた。

この発言には視聴者からも、

・ディーン・タピオカはしっくりくる
・ディーンタピオカ店出して~
・ディーンタピオカなら買う
・めっちゃ通う
・出店するなら次台湾行ったときにマイストロー買ってこよーっと笑 先月台湾行ったときお店紙ストローだったし、台湾人で聞いた人みんなマイストロー持ってるって言っててすごいなって思った

など、出店を希望する声が続出した。

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「ディーン・フジオカ「タピオカを買っておけばいい、みたいな風潮、なんとかなりませんか?」と相談