シリアルキラーを主人公にしたラース・フォン・トリアー監督最新作『ハウス・ジャック・ビルト』より、本編映像が到着しました。

建築家を夢見ながら、アートを創作するように殺人に没頭していく男・ジャックの12年間の軌跡を描く本作。解禁となったのは、“自分はサイコパスだ”と自覚しているジャックが、それを隠すために表情の練習をしているシーン。様々な女性に近づき殺人を重ねるジャックは、警戒されないように“普通の人間”らしい表情を作ってターゲットに近づく必要性があるわけです。


「サイコパスは感情を表せない」「俺は偽の感情を作り出して 普通の人間を装った」と独白するジャック。壁に雑誌や新聞の切り抜きを貼り付け、様々な表情の見本を見ながら練習していきます。まずは「笑顔」。目が笑ってなくてかなりぎこちない感じ。

続いて、「がっかり」。こちらの表情も、ややわざとらしいですが努力は伝わってきます。

そして、もっとも苦戦している最後の表情は……それ、使う機会ある?

ジャックの天然っぽさが垣間見えるワンシーンでした。ハンサムでチャーミングな一面もあるジャックですが、彼の起こす惨劇は容赦なし。日本ではノーカット無修正での上映ですので、覚悟の上でご鑑賞を。

映画『ハウス・ジャック・ビルト』
6月14日(金) 新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町 ほか全国ロードショー
http://housejackbuilt.jp/

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「ニッコリ! サイコパスの“表情”練習タイム ラース・フォン・トリアー最新作『ハウス・ジャック・ビルト』本編映像[ホラー通信]