邦画・洋画・韓流・歌舞伎など上質エンターテインメントチャンネルでおなじみ「衛星劇場」であのスーパー反戦映画『シベリア超特急』をマンスリーで連続放送しているというにわかには信じがたい事態となっている。

【関連記事】オリ急よりシベ超! お正月こそ楽しみたい名画『シベリア超特急』基礎講座
https://getnews.jp/archives/2003859

基本情報は上記を参照してほしいが、『シベリア超特急』シリーズとは映画評論家の故・水野晴郎氏が戦争反対をテーマに、主演・監督・原作・脚本・製作・訳詞など、八面六臂の活躍を繰り広げたスーパー娯楽巨編だ。

第二次世界大戦前夜、満州国に向かうシベリア超特急内で殺人事件が毎回起こり、たまたま乗り合わせていた日本陸軍大将・山下奉文(水野先生)が鮮やかに事件を解決する密室ミステリーなのだが、映画評論家とは思えないセオリーを無視した製作スタイルが熱烈なファンを生み、<別な意味で>2000年代を代表する映画に。もはや平成映画史に燦然と輝く作品だ。

そのシベ超を連続放送する「衛星劇場」では凝った番組予告編も用意していて、ファン歓喜の名場面をチョイスして編集しているほか、パート1の予告では「ボルシチも けっこう うまかったぞ」の名シーンでシメ、パート2では「寺島しのぶデビュー作」や「二代目 尾上松也が出演」などとテロップにて表示。ひょっとしたら平成に置いておきたかったかもしれない黒シベ歴史を令和にも語り継いでいこうとするような、アツい志を受け取らずにはいられない……かどうかは知らないが、予告の時点で最高。

そこで今回シベ超ファンにはおなじみ、中野ダンキチ氏に緊急コメントを依頼! 近年サメ映画を世に広めるサメンテーターとして地上波でも活躍するほどの彼も、かつては“謎の中国人”という演者として、ある時は事務所スタッフとして、またグッズ仕掛け人、水野先生の晩年には“最後の親友”として厚い信頼を勝ち得るなど、完全にシベ寄りの人間であったのだ。

その中野氏は今回の放送について、以下のようにコメントを超緊急発表!

衛星劇場さんには、閣下(水野晴郎)が元気だった頃に、バージョンを変えて何度も放送していただいたのを思い出しました(笑)。
みうらじゅんさんと『シベ超』を語った番組なんてのも放送していただきましたね。(※番組は後に「みうらじゅんのシベ超大検証」としてDVDリリース。現在は廃盤)
そういえば閣下が衛星劇場さんでの商談後に道路で転んでケガをして、私のところに電話が入ったなんてこともありましたっけ…。
しかし、こうやっていつまでも『シベ超』を楽しんでいただけることを何よりも望んでましたので、きっと空の上の方で「アーハーハー」って笑いながら喜んでいると思いますよ

日本よ、これがシベ超だ! いやあ~シベ超って本当にいいものですね!

『シベリア超特急(完全版)』
放送日6月11日(火) 深 1:30
『シベリア超特急2』
放送日6月18日(火) 深 1:30
『シベリア超特急3』
放送日6月
4日(火) 深 2:00
15日(土) 深 3:00
26日(水) 深 1:30

以降も放送スケジュールをチェックだ!5月もまだまだ放送しているぞ!
https://www.eigeki.com/genre?action=index&category_id=8&f_id=7097#FEATURE7097[リンク]

■中野ダンキチ、イベント最新情報

■イベント情報

東京国際サメ映画祭番外編 『サメポリー』最強市長トーナメント
6月22日(土)18:30~
会場:ロフトプラスワン  
https://www.loft-prj.co.jp/schedule/plusone/115313[リンク]

第4回サメ映画学会 ~サメ映画総選挙で一本ザメ(締め)~
7月27日(土)昼の部
会場:阿佐ヶ谷ロフトA
http://www.loft-prj.co.jp/lofta/[リンク]
※詳細近日発表

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ときたたかし) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「水野晴郎が衛星劇場で戦争反対を問う!シリーズ連続放送「今夜もシベ超!」 あの人のコメントも緊急お取り寄せ