『転職会議』によると社内SEの平均年収は473万円ですが、最高で1460万円で最低は200万円と企業によってかなりばらつきがあります。

ある『Twitter』ユーザーが、社内システム担当者が辞めた会社から見積もりを求められたエピソードをツイート。さまざまな反応が集まっています。

お客様「長年一人で社内システム開発していた社員が辞める事に」
「ほう」
お客様「社内システムメンテ出来なくなるのでスクラッチで刷新したい。ついては見積もりを。予算感は五千万くらい」
「分かりました」
…(翌日)
「概算見積もり出来ました」
お客様「いくらくらい?」
「15億円です」
お客様「…は?」
「統計ベースで判断して15億円規模のシステムです」
お客様「…」
「弊社に言える事は一つです。その社員だった方を、年収1億円提示して今すぐ呼び戻して下さい」

世の中には、単に社内SEと呼ばれるハイパーエンジニアがいる。
それ評価出来なきゃ辞めるだろ。

「恐らくその社内SEの方は大変優秀で、真面目で、そして本当に会社に対して献身的だったのだと思います」というツイート主が「スカウトしたかった」という人材を辞めさせた企業に対しては、「似たような案件があった」「他人事ではない」という声が複数寄せられています。

似たような案件で3億の見積が出た事が…。
その時は退職ではなく担当者がお怪我をされて業務支障が出たのがきっかけだったので
その担当者の方と何とか落とし処を見つけましたが
何故そんなになるまで放置してたんだろうなぁ…と考えさせられました。

我が社にも長年一人で開発してきた自社システムがあるので他人事ではない、のだが俺以外に誰もその事を理解していないという

「優秀な人が辞めて大打撃になるのヤバイ」「給与に反映されている人は一握り」という声が上がっていたほか、成果主義の人が社内業務システム担当者を評価をするのは難しいという意見も。

「専門知識が無いと生産性が見え辛い業務」を評価するのは難しいわな。このケースだと部署として監督者居なかったんやろな。

「よく聞く話」「弊社でも起こりかけた」という反応が寄せられていたこの案件。「辞めた人も自分の維持していたシステムの価値を知らなさそう」という感想があった一方で、「予算内で請け負うところを探すだけでは」という声も上がっていました。「もっと技術者を正当に評価する社会になって欲しい」という意見が多数ありましたが、経営者側の安易なコストカット気質が問題の根本にあるのではないでしょうか。

※画像は『足成』より
http://www.ashinari.com/2012/06/12-363225.php [リンク]

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「社内システム開発していた社員が辞めた結果大打撃…… 「他人事ではない」「もっと技術者を評価して」