古くから西洋の食文化をとりいれ、「洋食の街」ともいわれている神戸。
さまざまなお店がある中、屈指の人気店の「洋食の朝日」を今回訪ねてみた。
神戸駅から歩いて10分ほどで、阪神の西元町駅と阪急の花隈駅からは3分くらい。

土日はお休みでお昼の11時から15時までという営業時間にもかかわらず連日行列というこちらのお店。某日、11時ちょっとすぎに着いたところ、すでに数十人が並んでいた。

最後尾の方にはメニューを渡される。

日傘が10本くらい置いてあり、「どうぞお使いください」とのことであった。

お店の中に入る前に、先に注文を聞かれる。
ビフカツと、単品追加をおすすめというクリームコロッケをオーダーした。
並び始めてから1時間ほどで店内に案内され、しばし後に料理が。

ミディアムレアに揚げられたヒレ肉。絶妙な火の通り具合で、とてもやわらかい。

コロッケも結構なボリュームで衣がサックサク。
なんといっても、時間をかけて作られたというデミソースが美味しい……。

大満足で、並んだかいがありました。
ブタヘレチーズ焼きやポークチャップなど、気になるメニューもまだまだあるので、いずれ再訪したいと思います。

洋食の朝日
兵庫県神戸市中央区下山手通8-7-7

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「平日昼間のみの営業でも大行列! 神戸の超人気店「洋食の朝日」に行ってきた