これが運命の出会いってやつ?

村上龍の同名小説を映画化したサイコスリラー『ピアッシング』が日本公開。なんともシニカルでクレイジーな予告編が解禁となっています。

登場するのは、殺人衝動を持つ男と、自殺願望を持つ女。男は幼い娘をアイスピックで刺したいという衝動を抑えるために、SM嬢を呼び出して殺害する計画を立てますが、滑稽なほど思い通りにいきません。呼び出した女はいきなり自分自身を傷つけはじめ、倒れ込んでしまいます。これはリアルな悪夢なのか、シュールな現実なのか。刃を外に向ける者と内に向ける者、このふたりがやがて共鳴していくことはあるのでしょうか?

予告編はこちら。


小気味よいリズムに魅せられていると、次第に狂気の渦へと飲み込まれていく構成に心がザワつきます。これは本編も観たくなる。

殺人衝動男を演じるのは『イット・カムズ・アット・ナイト』の出演が記憶に新しいクリストファー・アボット。自殺衝動女を演じるのは『クリムゾン・ピーク』のミア・ワシコウスカ

監督は、次回作に『呪怨』のリブート版を控えている1990年生まれの新鋭ニコラス・ペッシェ。原作の村上龍は「単に原作に忠実というわけではなく、不思議な感覚があった。わたしが原作を書くときに思い浮かべたイメージが、スクリーンに再現されている、そんな感覚だ」とペッシェ監督の手腕に太鼓判を押しています。

ペッシェ監督は2016年のホラー映画『The Eyes of My Mother』(日本未公開)で長編デビューしたばかり。今後注目の監督になるかも? 今からチェックしておきたいですね!

作品概要

『ピアッシング』
6月28日(金)より新宿シネマカリテほか全国ロードショー

原作:村上龍「ピアッシング」(幻冬舎文庫)
脚本・監督:ニコラス・ペッシェ
出演:クリストファー・アボット/ミア・ワシコウスカ/ライア・コスタ ほか
提供:カルチュア・パブリッシャーズ 配給:パルコ
2018年/アメリカ映画/カラー/ビスタ/5.1ch/81分

(C)2018 BY PIERCING FILM. LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「“殺人衝動”を持つ男と“自殺願望”を持つ女のサイコスリラー『ピアッシング』予告編 村上龍の同名小説を映画化[ホラー通信]