華麗ともいえる“蹴り技”……。

格闘ゲームや漫画、映画アクションで見たことはありますが自分がやるなんて思いもよらないし、なんだか不格好になってしまいそうですよね。

ただ、ポーズだけならなんとかなる? レイヤーさん向けに“撮影用の蹴り”について、女性の武闘家さんが本格的に説明するツイートが話題を呼んでいます。

コスプレの蹴り写真たまに見るんだけどポイント変えれば信じられないくらいかっこよくなるし体がそんなに柔らかくなくても部位を変えれば見せ方が変わるよ!!!!簡単に必要事項まとめて見たので蹴り技写真を撮る全国のレイヤーさんに届け!!!!!!!!!!!!!!

鳴(@naru_budou)さんは体の方向や見せ方を図解で解説をツイート。わかりやすい……!

さらに投稿者の鳴(@naru_budou)さんから細やかな解説ツイートがたくさん続きます。

あとは構えないより構えた方がかっこいいので腕は構えてた方がいいね。力んじゃうと肩が上がっちゃってカッコ悪くなるので力まずに。脇は締めすぎず!力むと本当に疲れるだけだから!

ふむふむ、なるほどー。

行うにあたって大事な注意点も投稿されます。

何度も言うけど準備運動、柔軟、これは絶対やらないとダメです。普段から蹴り慣れしてる人ならまだしも(それでもやる)初めての方がやると絶対思いっきり蹴ると思うので筋とか腱とか多分傷めるし最悪断裂する。何事も準備が大事なので!屈伸運動とかでもだいぶ違うからお願いします。

たしかに、怪我を事前に防止するには準備運動やストレッチは大事!


<blockquote注意 当然だし、これは本当に本当に気をつけないといけないことだけど人がたくさんいる場所、イベント、または動きが制限されてる場所で蹴ったら危ないので駄目ですよ…!

撮影時は周囲に気を付けて行いましょう。

なお

これは蹴りをやられたことない方に向けて簡単にご説明してるものなのでわりと省いてるポイントが高く、まさかこんなに反響いただけるとは思っていなかったので簡潔に済ませてしまい申し訳ないです。流派によって蹴りも指導の方向性も違うのでその点はご勘弁くださいorzでもリプありがとうございます!

「蹴りをやられたことない方に向けて簡単にご説明してるものなのでわりと省いてる」「流派によって蹴りも指導の方向性も違う」とのこと。

蹴り技を実際にやってみた

さて私、コスプレイヤーでもなんでもないのですが、筆者も社内のカメラマンさんの「エリーニさん、蹴るなら撮りますよ」という言葉につられてさっそく挑戦してみました。

注意点に従いきちんと準備運動を行い、ツイートの解説図を参考に、それっぽく武闘家気分で構えて……

「とりゃっ……!」

パシャッと撮ってもらうとそれっぽい!? 素人でも蹴り写真になった気がする……!

鳴(@naru_budou)さんのツイートでは、蹴りについての解説がされているので興味のある方は試してみては。あっ、準備運動や場所などの注意点はよーく読んでからお試しくださいませ。

※画像提供:
鳴(@naru_budou)さん
https://twitter.com/naru_budou[リンク]

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「レイヤーさんに届け! 女性武闘家さんの “コスプレ写真を撮るときの蹴り技解説”が話題に 実際にやってみた