男は完璧な身体を求め、女は愛ゆえに毒を盛る――。『マグノリア』『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のポール・トーマス・アンダーソン監督が、名優ダニエル・デイ=ルイスと二度目のタッグを組んだ映画『ファントム・スレッド』が5月26日(土)より全国公開となります。

【ストーリー】1950年代ロンドン。英国ファッションの中心に君臨し、社交界から脚光を浴びる天才的な仕立て屋のレイノルズ。ある日、レイノルズはウェイトレスのアルマと出会い、彼女を新たなミューズに迎え入れる。彼はアルマの”完璧な身体”を愛し、彼女をモデルに昼夜問わず取り憑かれたようにドレスを作り続けた。しかし、アルマの気持ちを無視して無神経な態度を繰り返すレイノルズに不満を募らせたアルマは、ある日朝食に微量の毒を混ぜ込む…。やがてふたりは後戻りできない禁断の愛の扉を開き、誰もが想像し得ない境地へと向かう。

シンデレラストーリーの裏で渦巻く世にも恐ろしい、男女の愛の主導権争い。完璧なまでに美しい世界なのに、描かれているのは“恋愛あるある”という本作に衝撃を受けたコメントが続々到着! 壇蜜さんと、町山智浩さんは動画付きでご紹介します。

■壇蜜さん


ふたりの愛を観察している気持ちになりました。
用法容量を守れば、毒は薬にもなります。
この映画をパートナーと観て、ふたりだけの「ラブ毒」を探してほしいです。

■町山智浩さん


完璧な衣装、完璧な美術、完璧な映像、完璧な演技、完璧な音楽……。
うっとりして、ゾッとして、苦笑い。映画の悦びのすべてがここにある!

■夏木マリさん
ファントムとはヒロインなのか、、、
彼女の様な女性に生まれてみたかったと少々ジェラス。
映像、衣装、音楽すべてが映画のクチュールだった。

■犬山紙子さん
朝食で音を立てるだけで怒る夫。あんな喧嘩を繰り返した2人があんな結末を迎えるなんて!

■小堺一機さん
美しい衣装!美しいセット!美しい構図!
でも、観終って気づいた。この映画は”笑わせない”喜劇なのだと!お見事!

■樋口毅宏さん
贅の限りを尽くした、うっとり系映画と思いきや……「夫婦あるある」だった!
(はらわたが煮えくりかえっているときほど言葉遣いが丁寧とか)
ああ、夫婦ってホラー。

■吉田大八さん
剛腕PTA、ウイニングショットはまさかの超スローボール!
回転するその縫い目をみつめる僕らの体はなぜか痺れて、 さっきから汗が止まらない。

各著名人もその愛の形、愛の結末に驚いたという『ファントム・スレッド』。あなたもぜひ劇場で確かめてくださいね!

映画『ファントム・スレッド』公式サイト
http://www.phantomthread.jp/

(C)2017 Phantom Thread, LLC All Rights Reserved

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「「ギリギリアウトなやつ」「2人だけの毒なら薬になる」衝撃の愛を描いた映画『ファントム・スレッド』