自分が誘拐されたことを知らず、誘拐犯お手製の奇妙な“クマ”の教育番組だけを観て育ってきた青年をめぐる映画『Brigsby Bear(原題)』。2017年に本国アメリカで公開され、その前代未聞のあらすじから日本でも一部SNSで話題となっていた。そんな今作が邦題『ブリグズビー・ベア』として待望の日本上陸! 6/23よりヒューマントラストシネマ渋谷渋谷ほかにて公開となる。

<ストーリー>
大切なことはすべて、「彼」が教えてくれた—

ジェームスは、外気から遮断された小さなシェルターで、両親と3人で暮らす25歳の青年。
子供の頃から毎週ポストに届く教育ビデオ「ブリグズビー・ベア」を見て育った彼は、今は「ブリグズビー・ベア」の世界の研究に勤しむ毎日を送っていた。少し退屈でも、パソコンでチャットする友人や仲の良い両親と、平和な日々がずっと続くのだと思っていた。しかしある日、警察がジェームスを連れ去り、両親は逮捕されてしまう。

突如、外の世界で“本当の家族”とともに暮らすことになったジェームス。偽の両親によって作られた教育番組「ブリグズビー・ベア」から得た知識だけで育った彼の“常識”が、周囲の人間を騒動に巻き込んでいく……。

監督は、アメリカのコメディ番組『サタデー・ナイト・ライブ』でライターを務めるデイヴ・マッカリー。同番組にも出演しているカイル・ムーニーが、誘拐犯に育てられた青年ジェームスを演じ、今作の脚本も務める。デイヴ、カイルとコメディユニット“GOOD NEIGHBOR”を組むベック・ベネット、そしてアンディ・サムバーグなど、SNLファンには嬉しいメンバーも出演している。

また、ジェームスを誘拐し偽の父親として彼を育ててきた男を、ルーク・スカイウォーカー役で知られるマーク・ハミルが演じているのも大きな見どころだ。マーク・ハミルは今作の公開にあたり、熱い推薦コメントを残している。

この映画に出演したことは、私にとっては予想以上の感動でした。とても希望に溢れ元気づけてくれる映画です。

ありのままの自分でいられ、何かを信じることはとても良いことです。
この映画は、私たちに人とは違うドラム奏者に合わせて行進してもよいということを教えてくれます。伝統的なドラム奏者と変わらず、違うドラム奏者でも十分に通用するということを。

――マーク・ハミル

『ブリグズビー・ベア』


6月23日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか公開

監督:デイヴ・マッカリー/脚本:ケヴィン・コステロ、カイル・ムーニー
製作プロデューサー:フィル・ロード、クリストファー・ミラー(『くもりときどきミートボール』『LEGO®ムービー』ほか)
出演:カイル・ムーニー、マーク・ハミル、グレッグ・キニア、マット・ウォルシュ、
クレア・デインズ 他
2017/アメリカ/カラー/97min/PG12
提供:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント/配給:カルチャヴィル

www.brigsbybear.jp
(C) 2017 Sony Pictures Classics. All Rights Reserved.

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「誘拐犯に育てられた青年は、奇妙なクマの教育番組しか見たことがない SNLスタッフが贈る不思議な映画『ブリグズビー・ベア』日本上陸