2月12日放送の『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系)にて、「事情があって、3年間もドアが無い中身まる出しの家に住んでた人。」が紹介され、そのエピソードに反響が集まっています。

番組に登場したのは、実録漫画『ほとんど路上生活』を連載している漫画家の川路智代さん(@kawaji_tomoyo)。

10年前、川路さんは両親・兄妹と一緒に5人で暮らしていました。しかし中学生の頃になると、務めていた会社が倒産した父親は、次第に家庭内で暴力をふるうように。その後、いじめが原因で不登校になった川路さんは、父を置いて、母親・兄妹と共に家を離れます。引っ越した先は、母方の叔父が営む魚屋の隣にある、普段は使われていないほったて小屋でした。小屋は雨風でふすまが腐っており、玄関にはドアがなかったそうです。川路さんが生活していた部屋は玄関の正面に位置していたため、外から丸見えでした。そのままの状態で生活していた川路さんでしたが、丸見えの部屋で過ごしていると、様々なおじさん達が侵入してきたそうです。

・何も言わずに羽交い絞めにしてくるおじさん。
・玄関で股間を露出して仁王立ちするおじさん。
・枕元に立ちおしっこを掛けてくるおじさん。

これらの経験から変質者の対処方を覚えた川路さんは、引きこもり生活から脱出。現在はドアがある物件に住んでいるとのことでした。

この体験談に、ネット上では「どんだけ変態が住んでる地域だよ」「トラウマもんだろ」「ドアがないだけでこんなに危険なのか」「激ヤバおじさん」といった反応が集まっていました。興味のある方は実録漫画『ほとんど路上生活』もチェックしてみてはいかがでしょうか。

※画像は『Twitter』(@kawaji_tomoyo)より引用

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「外から丸見えの部屋に住んでいたら変質者が集まった漫画家のエピソードがヤバい