最近は通年で扱うスーパーも増えてきた、独特なぬめりが特徴のモロヘイヤ。含まれる栄養価の種類が豊富ですが、いざ食べるとなると「茹でておひたしにするくらい」という方が多いのではないでしょうか。今回は、モロヘイヤの栄養とおいしい食べ方についてご紹介します。

ぬめりが特徴!栄養満点のモロヘイヤ

モロヘイヤに含まれる栄養価の中でも、とくにβ-カロテンは100g中6600μg(茹で)あり、これはゴーヤ(炒め100g中230μg)の約29倍にもなります。そのほか、食物繊維やカルシウム、ビタミンK、葉酸も含まれています。ぬめりがあり、のどごしよく食べられるので、 暑さで食欲のない時期にも食べやすくおすすめです。

モロヘイヤのおいしい食べ方とは

モロヘイヤの独特のぬめりは、茹でて葉を刻むことで出てきます。サッと茹でた後に刻んでおひたしにするという定番もいいですが、実はスープや炒めもの、揚げものなど、幅広く使うことができます。鮮度が落ちると葉が硬くなるので、手に入ったらすぐに食べるようにしましょう。

モロヘイヤの下ごしらえのポイント

茎は硬いので、取り除いてから調理するのがおいしく食べるポイントです。水を張ったボウルにつけてよく洗ってから、葉だけを摘みとって使いましょう。

葉はサッと茹でて、しっかり水を切れば冷凍も可能です。

モロヘイヤはアレンジが利きやすく、魚介とともにかき揚げにしてもおいしいですし、野菜や肉と一緒に炒めても食べやすいです。

ここでは、ネバネバの食感を活かした「モロヘイヤ納豆」と「モロヘイヤのスープ」をご紹介します。手軽に作れるので、ぜひ試してみてください。

モロヘイヤ納豆の作り方(2人前)

納豆2パックをボウルに入れてよく混ぜ、そこにサッと茹でて刻んだモロヘイヤ1束とごま適量を加えます。適量の醤油で味をととのえたら器に盛り、卵黄をのせて完成です。

モロヘイヤスープの作り方(2人前)

市販のブイヨンスープ適量を熱し、刻んだモロヘイヤ1/2束を入れます。火が通ったら、塩コショウで味をととのえてでき上がりです。お好みで鶏肉、豚肉、溶き卵などの具材を入れたり、生クリームを加えて冷製スープにしても良いでしょう。

最後に

昔から、その栄養価の高さにより重宝されてきたモロヘイヤ。とても簡単に調理できて、アレンジの利く優れものです。7~9月が旬でとくにおいしい時期なので、この機会にぜひ、新しい食べ方にチャレンジしてみてください。

[モロヘイヤ]栄養を逃さない茹で方のコツと食べ方

エジプト原産の夏野菜・モロヘイヤ。栄養を無駄なく摂れる、上手な茹で方は?知っておきたい保存や調理のコツもご紹介します。

最終更新:2017.07.26

文:齊藤カオリ
写真:小林友美
監修:カゴメ
参考文献:
『ひと目でわかる! 食品保存事典』島本美由紀著(講談社)
『新・野菜の便利帳』板木利隆監修(高橋書店)
『もっとからだにおいしい野菜の便利帳』白鳥早奈英・板木利隆監修(高橋書店)
『改訂9版 野菜と果物の品目ガイド』(農経新聞社)
出典:
日本食品標準成分表2015年版(七訂)

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「暑い夏はこれ!モロヘイヤの栄養価とおいしい食べ方