手相、生年月日、カード占いを得意とし、元フジテレビアナウンサー・加藤綾子さんのフリー転身や、元モーニング娘。・石川梨華さんの結婚時期などを次々と的中させてきた占い芸人アポロン山崎さん。

占いブースを開けばソッコーでチケットが完売してしまうほど人気の彼が、『島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭』(4/20~4/23)で「予言の館」をオープン。「特別に無料で占っちゃいます」とのことで、筆者もさっそく訪れてみました!

指摘される内容がすべて自覚アリで怖い

今年2月に娘が生まれ、4月からは『ガジェット通信』の副編集長に就任した筆者。公私ともに人生の新たなステージへ歩み出したこともあり、金運・仕事運を中心に見てもらいました。

アポロン:「生年月日を見ると、平和主義でモメることが嫌いと出てますね。興味あることには100点ですけど、興味がなければ0点の人間です。とにかく自分の楽しいことをやり続けないとアカン。できれば、将来的には自営業とかフリーで働く方が性格的には合ってるかもしれませんね。仕事としては今年が忙しくなる年です。お金の面で状況が良くなっていく星は回って来てると思いますよ」

平和主義で興味がないことだと0点……自覚アリです。

アポロン:「手相も見てみましょうか。利き手が“現在と未来”、その逆の手が“過去”の自分を表しています」

アポロン:「知能線がカックンと急激に曲がっていますね。これは“趣味が仕事になる線”と言って、先ほど言ったように、趣味を仕事に活かしている人にある線です。プロゴルファーの石川遼選手やプロ野球の大谷翔平選手にも見られる線ですね」

アポロン:「社交線(感情線の上にあり、人差し指と中指の間から出ている線)を見ると、左手(過去)は薄いですね。相手から来てくれたらウェルカムですけど、自分からは行かない受け身タイプです。それが過去のあなた。右手(現在・未来)を見ると濃くなっているので、今はそれじゃいかんなと思い始めてるんじゃないでしょうか」

仕事上の立場が変わったことは伝えていませんが、心境の変化をズバリ言い当てられました。

アポロン:「金運は小指の下にある線を見ます。左手(過去)は線がないですね。“計画できま線”と言って、お金の使い方に計画性がない人に特徴的な線です。ダウンタウンの浜田さんにもこの線があります。浜田さんなら問題ないですが、お金がない人がこの線を持っているのは危険ですね。ただし、右手(現在・未来)を見ると、小指と薬指の間に線があるので、“投資タイプ”の傾向に変わってきたんじゃないでしょうか。Tシャツ1枚買うにも、少し考えてから買うようになったのでは? 嫁さんと子どもの為にお金を稼がなきゃあかんなと思って、使い方が適当じゃなくなってきているのは良い傾向だと思います」

これまた自覚アリです。自分の性格や状況を整理することで、これから取るべき行動の参考になった気がします。

アポロン:「ちなみに、小指の下に複数の線がある場合は“ザルタイプ”と言って、とにかくお金の使い方が荒い人に見られます」

金運が気になる方は、小指の下の線をさっそくチェックしてみてはいかがでしょうか。

なぜ占い芸人に? その経緯がスゴい

そもそも、アポロンさんが占いを始めたキッカケは何だったのでしょうか?

アポロン:「実は10年前に(ユニクロなどを展開する)ファーストリテイリングという会社に勤めていたんです。彼女と新宿でデートをしていたら、前日にテレビで見た“新宿の母”が占いをやっていて、ちょうどケンカの最中だったので2人の今後を見てもらうことにしました。誕生日と名前だけ伝えて、恋愛運を占って欲しいと言ったら、“そんなことより、あなたは吉本興業に入りなさい”と言われたんですよ。それで吉本に入って、占いのスクールにも通って勉強し始めました」

その後、ショッピングセンターや百貨店にある占いブースなどで活動し、現在までに7万人以上の対面鑑定を行ってきたアポロンさん。現在は『ヨシモト∞(無限大)ホール』を中心に占い活動を行っているそうです。

恋愛、結婚、仕事、性格、健康、金運、ジャンルごとに手相を分かりやすく解説したアポロンさんの著書『てのひらをアポロンに透かしてみれば』も発売中。

なお、『島ぜんぶでおーきな祭』残り2日間も、ラフピータウン会場(波の上うみそら公園内)の特設ブースで各日10時30分より整理券を配布予定 (時間指定制、当日分のみ)。整理券は毎日先着順で無くなり次第終了となります。

『島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭』公式サイト:
https://oimf.jp/

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「「怖いほど当たる」占い芸人・アポロン山崎さんに手相を見てもらいました 「無料で占っちゃいます」は残り2日間