歌手の工藤静香(49)が13日、自身のインスタグラムを更新。以前に枯らしてしまったハーブを再生させたことを明かした。

 工藤は6日の投稿で「やってしまったよ〜 お気に入りのレモンバーベナ留守の間に枯れてしまいました」と、ハーブの一種であるレモンバーベナを枯らせてしまったことを告白。炎天下での犬の散歩へのリスクを呼びかける中の投稿ということもあり、一部ネットユーザーからは非難の声も集まっていた。

 この日の投稿では「見て!!枯らしてしまったレモンバーベナ 復活!!」と、レモンバーベナの鉢から新芽が出ている写真を披露。「嬉しい もう枯らさない」と感情を爆発させていた。

 工藤は対策として枯れた根を深く切り込んだというものの、「少し茎に水分があったけど半信半疑でした」とコメント。しかし、新芽は見事によみがえり、「本当に良かった」と嬉しそうにつづった。

 この投稿に対し、工藤のインスタグラムには「しーちゃんの愛情によってレモンバーベナちゃんが元気になってよかったです!」「レモンバーベナの命を救いましたね!植物の生命力って素晴らしい」「祈りが通じたんですね、きっと」といった声が寄せられていた。

 猛暑が続く中での復活劇に、ファンからは称賛の声が多く集まっている。

情報提供元:Daily News Online
記事名:「工藤静香、枯れたハーブの復活劇に称賛の声「植物の生命力は素晴らしい!」