元SMAP・木村拓哉(45)と工藤静香(48)夫妻の次女でモデルのKoki,(15)がイタリアの高級ブランド「ブルガリ」のアンバサダーに抜擢されることが9日発表された。Koki,は同日、インスタグラムに今回の就任について「大変光栄」と喜び、「ブルガリファミリーの一員として、精一杯チャレンジを続けていきたい」と語った。

 今回の起用は、日本人として初、そして15歳での就任は同ブランド世界最年少。今年5月『ELLE JAPON』の表紙でデビューして、わずか3カ月の快挙に各界メディアから賞賛の声が上がっている。

 ところが、web上の反応は必ずしも賞賛ばかりではないようで、抜擢を行ったブルガリにまで批判の声が上がっている。

「抜擢の審査基準が怪しくて共感できない。親が有名人だから選んだとしか思えない」

「頑張ってるモデルは悔しいだろうなぁ」

「ブルガリってこの娘さんの年代向けなの? 客層そんなに低いのかな? オバさんな私は、この子がブルガリの何を身に着けていても欲しいと思えない」

「モデルの質より話題性。実績なしで選ぶからゴリ押し感しか残らない」

 などと散々な言われよう…。ブルガリ広報は「次世代のスタイルアイコンとなると確信している」と紋切り型のコメントを発表しているが、抜擢の時期を誤った感は否めない。

 さらにSNSの毒舌は、インスタグラムで親子ツーショットを披露していた工藤静香にも飛び火。「二人で並ぶとキツいなー。親のエゴが見えてしまう」「15歳の子が”世界的なハイジュエラーであるブルガリのアンバサダーに就任する事を大変光栄に思います”なんてコメント出す? 親のプッシュ丸出し」などとステージママぶりを勘ぐられていた。

 そもそも、近頃よく耳にする「ブランドアンバサダー」とは、元来「熱烈なファン=純粋に企業のブランドや商品を応援する顧客」を指すもの。生まれついてのセレブ家庭とはいえ、童顔の15歳の少女がブルガリを愛用している感じはしない。ブルガリは今までも米国のモデル、ベラ・ハディッド(21)、ケイト・モスの妹のロティ・モス(20)らをアンバサダーに抜擢しているが、やはり大人びた印象で年齢層が上に思える。

 日本人離れしたスタイルと、キムタク譲りの美貌は逸材に違いない。だが(たとえそうでなくとも)「ゴリ推し」に見えてしまうと好感度が下がるのが、昨今のネット社会。風当たりの強い二世タレントだからこそ、慎重なプロモートを期待したいものだ。

情報提供元:Daily News Online
記事名:「木村拓哉&工藤静香の次女Koki, ブルガリ抜擢に「幼すぎて合わない」の批判殺到